簡単に開発環境を構築! クラウド型の開発環境 Cloud9とは?

プログラミングの開発環境構築に苦労することはありませんか?
初心者の場合、プログラミングの前準備である、開発環境構築でつまづいてしまうことがあるでしょう。
クラウド型の統合開発環境をCloud9の使えば、簡単に開発環境の構築ができます。

(IDE)Cloud9について紹介します。

プログラムを動かすためには?

例えば、WEBの開発でよく使われるプログラミング言語であるPHPを動かすためには次の準備が必要です。

  • PHP本体
  • WEBのサーバー
  • MySQL(データベース)

「”hello world”」と表示させる、簡単なプログラムを動かしてみたい場合にも、
初心者は「WEBのサーバーを立ち上げる?データベースの構築?」となり、大きなハードルです。
複雑な操作は無しに簡単にプログラムを実行できる環境を用意できるのが、Cloud9です。

統合開発環境(IDE)とは?

統合開発環境(IDE)とはアプリケーション開発を行う時に必要な、ツールが集められたソフトのことです。

  • IntelliJ IDEA
  • NetBeans
  • MAMP(マンプ)
  • XAMPP(ザンプ)
  • Cloud9  ブラウザで実行できるIDE
  • PyCharm Python 向けIDE
  • Xcode

この記事では ブラウザで実行できる統合開発環境(IDE)Cloud9 の登録方法を説明します。

Cloud9(クラウドナイン)とは?

cloud9

Cloud9

Cloud9(クラウドナイン)とは、アプリケーションの開発やデータベースなどをクラウド環境で利用できるサービスです。
WEBアプリケーション開発の準備が簡単に用意できるツールです。

Cloud9特徴

  • ブラウザ型のためインストール不要
  • 対応ブラウザ Google Chrome、Firefox
  • プログラミングが簡単に始められる
  • 共同開発が簡単にできる
  • GitHubやBitbucket、Herokuとの連携機能
  • 最初にクレジットカードの登録が必須
    ※クレジットカード登録は必要ですが、アップグレードしなければ無料で利用できます。

Cloud9の日本語対応

Cloud9は海外製のサービスのため、日本語対応しておらずメニューは全て英語です。
英語が苦手な人は一番はじめは少し戸惑うかもしれませんが、
慣れてしまえばどうってことはありません。

Cloud9の対応しているプログラム言語

Cloud9はWeb開発でよく利用されている大抵のプログラム言語には対応しています。

例えば、以下の言語です。

  • HTML5
  • Node.js
  • PHP, Apache & MySQL
  • Python
  • Django
  • Ruby
  • C++
  • WordPress
  • Rails Tutorial
  • Blank
  • Harvard’s CS50

Cloud9(クラウドナイン)の料金プラン

Cloud9は無料からでも使い始めることができます。
利用用途に応じては有料プランに切り替えましょう。

無料プラン(Free)

Cloud9では無料で利用できるFreeプランを用意しています。
プライベート(非公開)のワークスペース(wordspace)は1つ利用することができます。
パブリック(公開)のワークスペース(workspace)は無制限に使うことができます。

有料プラン

Cloud9の有料プランは3つで、どれも月額課金制です。

  • Individual:プライベート(非公開)のworkspaceを無制限に利用できます。19ドル/月
  • Teams:プライベート(非公開)のworkspaceを無制限に利用できます。 29ドル/月
  • Education:教育での利用を前提としたプランになっています。1ドル/月

Cloud9

Cloud9の登録方法について詳しくは、「クラウド型の統合開発環境 Cloud9のアカウント登録方法」を確認してください。

まとめ

プログラミングの環境構築が簡単に行えるブラウザタイプの統合開発環境(IDE)Cloud9を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です