Emmetの使い方を初心者向けに解説──HTML/CSSのコーディングをすばやく効率的に!

Emmetの基本的な使い方を紹介します。

Emmet

マークアップの効率化できるツール

Emmetは省略記法を使うことで、HTML/CSSのコーディングをすばやく効率的に行うことができます。

省略記法を記入し「tab」キーで展開

Emmetは、省略記法を記入し「tab」キーを押すことでコードが展開します。

Emmetの導入方法

Emmetの導入するには、エディタの標準機能やプラグイン(拡張機能)を追加します。

  • VsCode
  • SublimeText
  • WordPress

Emmet記法

記号  説明 記述例 
 ! HTMLの雛形 !
. クラス名をつける div.contents
# idをつける div#contents 
> 要素を入れ子にする ul>li
+ 要素を同階層に展開  header+div
* 要素を複数展開 li*3 
{} テキストを h1{タイトル}

HTMLのひな形:!

「!」を展開すると一瞬でHTMLの雛形が作れます。

!
<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
    
</body>
</html>

クラス名:.

クラス名をつけるには「.タグ」を記述します。

div.contents

<div class="contents"></div>

idをつける:#

idをつけには「#タグ」と記述します。

div#contents
<div id="contents"></div>

ネスト(入れ子構造) :>

ネスト(入れ子構造) にするには、「>」を使います。

▽リストタグの例

ul>li
<ul>
    <li></li>
</ul>

繰り返し:*

タグを指定した数字分繰り返すには「タグ*数字」を入力します。

▽liを3つ繰り返すリストの例

ul>li*3
<ul>
    <li></li>
    <li></li>
    <li></li>
</ul>

▽dlの中にdt*2,dd*2を含む例

dl>dt*2+dd*2
<dl>
    <dt></dt>
    <dt></dt>
    <dd></dd>
    <dd></dd>
</dl>

要素を複数展開:+

要素を複数展開するには、「タグ+タグ」でつなぎます。

▽「header」内に「h1」と「nav」を含める例

header>h1+.nav
<header>
<h1> </h1>
<div class="nav"> </div>
</header> 

テキスト挿入:{}

テキスト挿入を「{テキスト}」を記入します。

▽h1タグ内に「タイトル」を表記する例

h1{タイトル}
<h1>タイトル</h1>   

Emmetのカスタマイズ

Emmetの設定は snippets.json というファイルに書かれています。

例えば、「!」で展開するHTML雛形を <html lang="en"> <html lang="ja"> を変更にするなどもこのファイルから行います。