Processingで線と円を描いてみよう!【初心者向け】

Processing(プロセッシング)初心者向けに基本的な使い方について説明します。
線や円を描いてみます。

Processingの起動

まず、Processingを起動させます。
以下の部分のコードを入力します。

Processingで丸を描いてみよう!

まずは簡単な円作ってみましょう。

エディタで次のように入力します。
そのままコピーして貼り付けてもかまいません。

ellipse(50, 50, 80, 80);

実行ボタン(▷のボタン)をおしてください。

別のウィンドウが起動します。
丸ができました!

実行ボタンはよく使うので、ショートカットキーを覚えましょう。
キーボードの「⌘(command)+  R」を同時に押します。

Processingで線を書いてみよう!

今度は以下のような斜めの線を描いてみます。

エディターに以下のように入力します。

line(0,0,10,100);

 

複雑な円を描いてみよう

複雑な丸を書いてみます。
次のコードコピーしてそのまま貼り付けてください。


void setup() {
size(480, 400);
}

void draw() {
if (mousePressed) {
fill(0);
} else {
fill(255);
}
ellipse(mouseX, mouseY, 80, 80);
}

キーボードの「⌘ + R」でプログラムを実行します。
マウスで動かしてみましょう。

軌跡の残る円が描けました。

保存

上部メニューのファイル➔保存から保存します。

(ショートカットキー⌘ +S )

ファイルに名前をつけ、「保存」をクリックします。

最後に

Processing(プロセッシング)の基本的な使い方について説明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です