UNIXコマンド入門 ターミナルとは?

パソコンを文字列で操作するためのアプリケーション、ターミナルについて解説します。
コマンド操作はプログラミングを行う上で、無くてはならない必須のスキルです。

ターミナルとは何か?

ターミナルとは何でしょうか?
「黒い画面」を言えば、ピンと来ますか?

触ったことが無い方からすると、
「なにやら、よくわからない文字列が並んだ、あの画面」
「プログラマーや、パソコンに詳しい人が使う難しいもの」
というイメージ持たれている方も多いのではないでしょうか。

半分は正解で半分は不正確です。複雑なことをする時にも使いますが、
「ファイルを作る」「ファイルを移動する」という基本的なパソコンの操作もすべてターミナルから行うことができます。

ターミナルでは、パソコンに対しての命令を文字列操作します。

ターミナルを使うメリットは?

慣れれば、マウス操作よりも圧倒的に早くパソコンの操作ができるようになります。
例えば、「1000個フォルダ作り連番を振る」と言った動作もターミナルならお手の物です。
具体的には以下のコマンドを実行します。

mkdir {1..1000}

ターミナルの起動方法

「ターミナルを一度も使ったことが」が無いという人もいると思います。
Macを使っているあなた!あなたの使っているMacの中には、最初からターミナルが入っています。

Finder > アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル

iTerm2を使おう!

Screenshot of www.iterm2.com

iTerm2 – macOS Terminal Replacement

Macにははじめからターミナルが入っているとお伝えしましたが、
もっと便利に使えるのが、「iTerm2」というアプリケーションです。

パソコンを文字列で操作するためのソフトという意味では同じですが、
ターミナルよりもiTerm2の方が高機能です。

iTerm2を導入しましょう。「iTerm2」からダウンロードできます。

詳しいインストール方法は、「MacにiTerm2 をインストールと設定方法」を参考にしてください。

最後に

ターミナルの概要が分かったら、実際に起動して触ってみましょう。
はじめのうちは、なかなかとっつきづらいので、実際に触ってみて慣れることが大事です。

参考:UNIXコマンドを使ってみよう!【超初心者向け】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です