スマホ向け新作『ドラゴンクエスト ウォーク』発表。街中がマップに。2019年内にリリース予定。

スクウェア・エニックスは6月3日、スマートフォン向けアプリ『ドラゴンクエスト』の新作『ドラゴンクエスト ウォーク』が発表されました。

ドラゴンクエスト ウォークは、『Pokémon GO』のようにスマホの位置情報サービスを利用したゲームです。

2019年内に配信を開始予定。

6月11日からは関東圏のiOS/Androidユーザー先着1万名を対象としたベータ版体験会を実施します。

▽スクウェア・エニックスの公式Youtubeチャンネルで新作発表会の様子が公開されています。

スマホ向け新作『ドラゴンクエスト ウォーク』が発表

遭遇したモンスターと戦い、倒したらレベルアップも

マップ上には、モンスターがシンボルとして表示され、タップすると戦闘開始できます。戦闘ターン制のコマンドバトルを採用。バトルに勝利すると経験値やお金(ゴールド)を獲得できます。

ベータ版体験会

6月11日からは関東圏のiOS/Androidユーザー先着1万名を対象としたベータ版体験会を実施します。

シナリオにあわせて攻略する「クエスト」モード

る「クエスト」モードでは、”目的地”を設定し、設定した目的地たどり着くとストーリーが新王します。

全国47都道府県の「ランドマーク」に

東京タワーや京都の金閣寺など全国47都道府県の「ランドマーク」に。ランドマークに到着すると、限定クエストも獲得できます。

マップ上の好きな位置に「自宅」を設置

マップ上の好きな位置に「自宅」を設置で可能。”自宅”の内装を好きなデザインに変更したり、他のプレイヤーの”自宅”に行くことができます。”自宅”に帰ると歩行距離やバトルの実績に応じたボーナスを獲得できます。

スクウェア・エニックスとコロプラとの共同開発

『ドラゴンクエスト ウォーク』の構想は、3年前に「Pokémon GO」をはじめとした”位置情報ゲーム”がブームとなったことがきっかけ。スクウェア・エニックスとスマホ向け人気ゲーム『白猫プロジェクオ』知られるコロプラとの共同開発です。