荒野行動 マルチプレイ(協力プレイ)のやり方とコツ

knives-out-error-Server_Select

荒野行動では複数の人数でプレイするマルチプレイを楽しむことができます。

荒野行動のマルチプレイ(協力プレイ)のやり方とコツを紹介します。

「シングル(1人)」とは異なる要素もあるので、違いについても紹介します。

荒野行動のマルチプレイ(協力プレイ)

マルチプレイ(協力プレイ)の人数

荒野行動のマルチプレイ(協力プレイ)は、「デュオ」「スクワッド」「クインテット」の3種類。

対戦モード 人数
デュオ 2人
スクワッド 4人
クインテット 5人

マルチプレイの「気絶」とは?

シングルプレイでは、HPが0になればゲームオーバーです。

マルチプレイでは、HPが0になった場合でも即ゲームオーバーでは無く、「気絶」状態となります。

  • 銃を撃てない
  • アイテムを使えない
  • 四つん這いで少しづつ移動できる
  • 体力ゲージがあり0になると死亡

という状態となり、仲間からの「救助」が必要です。

「気絶」状態の仲間を「救助」ができる

シングルプレイと違い、マルチプレイでは、敵に倒されてしまった場合でも仲間同士で「救助」ができます。

救助するには、仲間の近くにいき「救助」ボタンをタップします。

マルチプレイのやり方

マルチプレイのやり方の流れは以下のとおり。

対戦モードの選択

ホーム画面の右下のボタンから、対戦モードを選択してください。

参加メンバーの決定

「フレンド招待」で他のプレイヤーを誘います。フレンド招待するには、事前に「フレンド登録」が必要です

マッチングでメンバー補充

「マッチングでメンバー補充」のチェックボックスを入れると足りないプレイヤーがランダムに補充されます。

マッチ開始

参加メンバーが揃ったら、「マッチ開始」をタップします。

マルチプレイのコツ

VC(ボイスチャット)で連携

可能なら環境なら「VC(ボイスチャット)」を使って音声でお互いの状況を報告します。

  • 敵の場所
  • 救援物資の場所
  • 持ち物の状況

仲間と一緒に行動する

マルチプレイで生き残るためには、仲間と一緒に行動し単独行動はさけましょう。

遠くにいれば、「救助」が間に合いません。敵と遭遇したとき、相手が複数人なら不利な状況で戦うことになります。

同じ街に降りる

飛行機で移動中に地図に「ピン」を打ち目的地を合わせましょう。

弾薬や薬品をわけあう

「弾薬」や「薬品」が足りない仲間がいたら、譲り合い全員が戦闘できる状態にすることで生存率は上がります。

安全な場所で救助する

「救助」は建物の中や岩や木の裏など、敵の銃弾があたらない安全な場所で行います。

救助中は数秒かかりスキができます。敵の足音を確認し、回りを見渡して警戒しましょう。

敵は「気絶」か「死亡」か確認

  • 「気絶」:近くにまで敵の仲間がいる可能性がある
  • 「死亡」:即死亡の場合、敵チーム全員ゲームオーバー

と判断できます。