Ryze Tech/DJI ドローン Telloシリーズの比較と選び方 Tello/Tello Boostコンボ/アイアンマン エディション/Tello EDU

DJI公式ストアを見る

Telloシリーズの違いを詳しく比較紹介し、選び方を解説します。

1万円代から買える手頃な価格で、空撮、写真撮影、スマホ/タブレット操作、スマホVRヘッドセット対応、Bluetoothコントローラー対応、プログラミング対応で、初心者にもピッタリのドローンです。

操作が簡単なので、子供用のプレゼントや、プログラミング学習目的としても最適です。

200g未満のため、航空法規制の対象です。

▼Telloシリーズ比較表

  DJI ドローン Tello
DJI ドローン
Tello

詳しく
DJI ドローン Tello Boost コンボ
DJI ドローン
Tello
Boost コンボ
DJI ドローン Tello アイアンマン エディション
DJI ドローン
Tello
アイアンマン
エディション
DJI ドローン  Tello EDU
DJI ドローン
Tello
EDU
価格  12,800円 18,900円  16,900円   16,800円
重さ 80g      87g
サイズ        
動画撮影 ✓ 
静止画 500万画素 500万画素 500万画素 500万画素
操作
(スマホ)

操作
(Bluetooth
コントローラー)
操作
(スマホVR
ヘッドセット)

同梱品 機体
プロペラ
プロペラガード
バッテリー
バッテリー充電ハブ
Micro USBケーブル
プロペラ取り外しツール 
ミッションパッド 
 機体
プロペラ
プロペラガード
バッテリー
バッテリー充電ハブ
Micro USBケーブル
プロペラ取り外しツール 
ミッションパッド 
機体
プロペラ
プロペラガード
バッテリー
バッテリー充電ハブ
Micro USBケーブル
プロペラ取り外しツール 
ミッションパッド 
機体
プロペラ
プロペラガード
バッテリー
バッテリー充電ハブ
Micro USBケーブル
プロペラ取り外しツール 
ミッションパッド 
プログラミング
言語対応
 Scratch
Swift
Python
 Scratch
Swift
Python
 Scratch
Swift
Python
Scratch
Swift
Python
アプリ対応
TELLO,
TELLO Hero,
TELLO EDU
TELLO
TELLO EDU
TELLO EDU
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
編隊飛行 - - - 編隊飛行

「ドローンの操作は難しい」「ドローンは高価で敷居が高い」「ドローンは航空法の規制がある」という思う人は少ないないはず。

近年のドローンは、初心者でも簡単に飛ばせる機種が多数登場しています。

ドローンの人気No1メーカーは、「DJI(ディー・ジェイ・アイ)」。

初心者向けの”トイドローン”から産業向けドローンまで多数の機種を展開しています。

本記事では、初心者向けやサブ機としてもピッタリの小型ドローン「DJI ドローン Tello」「DJI ドローン Tello Boost コンボ」「DJI ドローン Tello アイアンマン エディション」「DJI ドローン  Tello EDU」を紹介します。

Ryze TechとDJI(ディー・ジェー・アイ)

ドローンのスタートアップメーカー Ryze Tech

Ryze Tech会社は中国で誕生したドローンのスタートアップメーカー。

2019年にネバダ州ラスベガスで開催された電子機器の見本市「CES」でTelloを発表しました。

ドローン最大手メーカー DJI(ディー・ジェー・アイ)

2005年に設立された中国のドローンメーカー「DJI(ディー・ジェー・アイ)」。2019年8月現在、ドローン市場の中でもNo1のシェアを占めています。

DJI公式オンラインストア
DJI公式ストア楽天市場店

DJI ドローンのシリーズ

ドローンメーカー、DJI(ディー・ジェイ・アイ)では、次のドローンの製品ラインナップを展開しています。

▼一般向けドローンシリーズ

DJI ドローン Tello Tello(テロー)シリーズ
子供でも簡単に飛ばせるDJI小型最小ドローン 
航空法規制対象外の200g未満
12,800円〜
DJI公式ストア
詳しく
SPARK(スパーク)シリーズ
手のひらサイズの小型ドローンシリーズ
54800円〜
DJI公式ストア
Mavic (マヴィック)シリーズ
小型ながら本格的なドローンシリーズ
104,000円〜
DJI公式ストア
DJI ドローン Phantom 4 Pro V2.0 PHANTOM(ファントム)シリーズ
DJIの代表的なドローンシリーズ
204,000円〜
DJI公式ストア

▼プロ向けドローンシリーズ

DJI ドローン INSPIRE シリーズ Inspire 2 INSPIRE(インスパイア)シリーズ
プロ向けの空撮用ドローンシリーズ
DJI公式ストア
389,000円〜

上記以外ではブレの無い動画を撮影する安定化装置「スタビライザー」や、産業向けのドローンも販売しています。

DJIドローン徹底比較 おすすめの選び方を解説【2019年最新版】

DJI公式ストアを見る

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズ

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、子供でも簡単に飛ばせるDJIの最小ドローンシリーズです。

Telloシリーズの機体重量は、200g未満のため、航空法の規制対象外。「手軽にドローンを初めてみたい」「安価なドローンがほしい」という、ドローン初心者にピッタリの機種です。

Tello シリーズは、「DJI ドローン Tello」「DJI ドローン Tello Boost コンボ」「DJI ドローン Tello アイアンマン エディション」「DJI ドローン  Tello EDU」の4機種のラインナップがあります。 

DJI ドローン Tello DJI ドローン Tello
✓航空法規制対象外の200g未満
✓子供でもスマホで簡単操作
✓動画、写真撮影
✓簡単プログラミング飛行
12,800円
詳しく
DJI ドローン Tello Boost コンボ DJI ドローン Tello Boost コンボ
✓航空法規制対象外の200g未満
✓子供でもスマホで簡単操作
✓動画、写真撮影
✓簡単プログラミング飛行
18,900円
DJI ドローン Tello アイアンマン エディション DJI ドローン Tello アイアンマン エディション
✓アイアンマン仕様
✓航空法規制対象外の200g未満
✓子供でもスマホで簡単操作
✓動画、写真撮影
✓簡単プログラミング飛行
16,900円
DJI ドローン  Tello EDU DJI ドローン  Tello EDU
✓プログラミング教育用ドローン
✓航空法規制対象外の200g未満
✓子供でもスマホで簡単操作
✓動画、写真撮影
✓簡単プログラミング飛行
16,800円

ここからは、それぞれのモデルの特徴や同梱品の違いを紹介していきます。

Ryze Tech/DJI ドローン Tello

子供でも簡単に飛ばせるDJI最小ドローン

メリット

  • 自動で起動&ホバリング
  • 500万画素の写真撮影
  • 動画撮影
  • スマホで簡単操作
  • 汎用Bluetoothゲームコントローラで操作
  • ドローン目線で操作できるスマホ挿入型VRヘッドセット対応
  • 200g以下ため航空法の規制の対象外
  • 飛行時間13分
  • ビジョンポジショニングセンサーも搭載
  • 子供向けプログラミング言語「Scratch」対応
デメリット

  • ジンバルなし
  • GPSなし
Telloシリーズの一番標準的な機種。子供のプログラミング教育目的、ドローン初心者におすすめです。

DJI ドローンの中で最も安価で軽量なTello(テロー)シリーズ。重さは航空法の適用外(200未満)となる約80gの軽量ボディなので、気軽に飛ばせます。

専用アプリ「TELLO(iOS/Adroid)」をインストールし、スマホからカンタンに操作できます。

720pでの動画撮影可能なカメラを搭載。ジンバルはありません。

静止画の撮影は500万画素。

1回の充電で最大飛行時間は13分。

エアリアルスタント(宙返り)を決めて、EZショットでショートムービーを撮影。プログラミングまで学べます。

DJI ドローンTelloはTelloアプリ(iOS/Android)を利用できます。TELLO Heroアプリ、TELLO EDUアプリは利用できません。

Telloアプリでドローン操作

DJI ドローンTelloはTelloアプリ(iOS/Android)に対応しています。TELLO Heroアプリ利用できません。

Telloアプリでは、タップで簡単に離着陸、上昇/下降/前後左右などドローン操作、動画撮影のほか、6つのフライトモードが使えます。

Tello搭載したカメラの映像をそのままスマホ/タブレットにリアルタイムで映し出すことができます。

TELLO

TELLO

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

Tello EDUアプリでブロックプログラミング
Tello EDUアプリを使って、様々な機能をもった「ブロック」を組み合わせ、自動的に飛行するドローンプログラミングができます。プログラミングといっても複雑なコードは書く必要はありません。
同梱品
重量 80g
飛行時間 13分
飛行距離 100m
最高速度 秒速8m
静止画 2,592×1,936ピクセル(約500万画素)
動画 720/30p
カラー ホワイト/イエロー/ブルー

DJI ドローン Tello

created by Rinker
DJI

DJI小型最強ドローン『Tello(テッロ)』子供でも飛ばせる小型ドローン。200g以下

DJI ドローン Tello Boost コンボ

バッテリー増加。
バッテリー充電ハブ、Micro USBケーブル追加

ポイント

  • 自動で起動&ホバリング
  • 500万画素の写真撮影
  • スマホで簡単操作
  • 汎用Bluetoothゲームコントローラで操作
  • ドローン目線で操作できるスマホ挿入型VRヘッドセット対応
  • 200g以下ため航空法の規制の対象外
  • 飛行時間13分
  • ビジョンポジショニングセンサー搭載
  • 子供向けプログラミング言語「Scratch」対応
デメリット

  • ジンバルなし
  • GPSなし
TELLOのフル充電には1時間半程度かかります。バッテリーが無くなってしまうと、連続して飛ばすことができません。外でもタップリ飛行を楽しみたいならバッテリーが追加されたTello Boost コンボがおすすめです。

DJI ドローン Tello Boost コンボは、標準モデル「Tello」に、バッテリー(1→3個)、バッテリー充電ハブ、Micro USBケーブル 加わったセット。

Telloアプリでドローン操作

DJI ドローンTelloはTelloアプリ(iOS/Android)に対応しています。TELLO Heroアプリ利用できません。

Telloアプリでは、タップで簡単に離着陸、上昇/下降/前後左右などドローン操作、動画撮影のほか、6つのフライトモードが使えます。

Tello搭載したカメラの映像をそのままスマホ/タブレットにリアルタイムで映し出すことができます。

TELLO

TELLO

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

Tello EDUアプリでブロックプログラミング
Tello EDUアプリを使って、様々な機能をもった「ブロック」を組み合わせ、自動的に飛行するドローンプログラミングができます。プログラミングといっても複雑なコードは書く必要はありません。
同梱品

DJI ドローン Tello Boost コンボには、通常版と同じく、機体、プロペラ、プロペラガードが同梱されています。

違いとしては、バッテリーが1→3個に増加。追加アクサリーとして、バッテリー充電ハブMicro USBケーブルが同梱されています。

重量 80g
飛行時間 13分
飛行距離 100m
最高速度 秒速8m
静止画 2,592×1,936ピクセル(約500万画素)
動画 720/30p
カラー  

DJI ドローン Tello Boost コンボ

created by Rinker
DJI

DJI ドローン Tello アイアンマン エディション

アイアンモデルのTello

ポイント

  • 自動で起動&ホバリング
  • 500万画素の写真撮影
  • スマホで簡単操作
  • 汎用Bluetoothゲームコントローラで操作できる
  • ドローン目線で操作できるスマホ挿入型VRヘッドセット対応
  • 200g以下ため航空法の規制の対象外
  • 飛行時間13分
  • ビジョンポジショニングセンサーも搭載
  • 子供向けプログラミング言語「Scratch」対応
デメリット

  • ジンバルなし
  • GPSなし

Tello アイアンマン エディションは、没入感あふれるアベンジャーズの世界でドローン飛行をマスターできる、マーベルファンにぴったりの楽しいドローン。

Telloの機体そのものの性能は、ほぼ標準版とほぼ同じです。

TELLO Heroアプリ

Tello アイアンマン エディションは専用のTELLO Heroアプリ(iOS)を利用できます。TELLOアプリとTELLO EDUアプリ(iOS/Android)は利用できません。

Tello Hero

Tello Hero

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

DJI ドローンTelloTello Boost コンボはTelloアプリ(iOS/Android)を、Tello アイアンマン エディションは「TELLO Hero」を、Tello EDUはTELLOアプリ(iOS/Android)とTELLO EDUアプリ(iOS/Android)をそれぞれ利用できます。

Tello EDUアプリでブロックプログラミング
Tello EDUアプリを使って、様々な機能をもった「ブロック」を組み合わせ、自動的に飛行するドローンプログラミングができます。プログラミングといっても複雑なコードは書く必要はありません。

DJI ドローン Tello アイアンマン エディション

created by Rinker
DJI
同梱品

DJI ドローン Tello アイアンマン エディションは、通常版と比較すると、Micro USBケーブルが追加されています。機体、プロペラ、プロペラガードはアイアンマン仕様の赤い塗装がされています。

重量 80g
飛行時間 13分
飛行距離 100m
最高速度 秒速8m
静止画 2,592×1,936ピクセル(約500万画素)
動画 720/30p
カラー ホワイト/イエロー/ブルー
DJI ドローン Tello アイアンマン エディション おすすめ周辺アクセサリー
Tello フライトバッテリーは、Telloシリーズ用の交換バッテリー。バッテリーを機体に挿入し、機体のMicro USBポートと充電機を接続すると、バッテリーを充電できます。容量は1100 mAh。
Tello アイアンマン エディション用に特別設計された軽量で丈夫なプロペラ。簡単に取り付け、取り外しができます。
Tello アイアンマン エディションのプロペラ用に特別設計されたプロペラガード。ドローン本体の破損や怪我のリスクを低減します。取り付けも取り外しも簡単にできます。

DJI ドローン  Tello EDU

プログラミング学習用小型ドローン

ポイント

  • 自動で起動&ホバリング
  • 500万画素の写真撮影
  • 動画撮影
  • スマホで簡単操作
  • 汎用Bluetoothゲームコントローラで操作
  • ドローン目線で操作できるスマホ挿入型VRヘッドセット対応
  • 200g以下ため航空法の規制の対象外
  • 飛行時間13分
  • ビジョンポジショニングセンサー搭載
  • 簡単にプログラミング飛行できるTello EDUアプリ
  • Scratch、Python、Swift
  • プログラムで複数のドローン操作
  • 楽しみが広がるミッションパッド(EDUのみ)
デメリット

  • ジンバルなし
  • GPSなし

Tello EDUは、プログラミングも学べるたくさんの驚きがつまったドローンで、教育用としても最適です。

対応するプログラミング言語は、標準版TELLOでも使える、Scratchに加え、Python、Swiftにも公式対応しています。

プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」

Tello EDUには、プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」付属。(Telloシリーズ中、Tello EDUのみ)ミッションパッドには固有のIDが割り振られています。飛行経路上にパッドを置くとドローンが位置情報を認識し、「高度変更」「空中停止(ホバリング)」など複雑なアクロバット飛行が簡単に実現できます。

TELLO、TELLO EDUアプリ対応

Tello EDUは通常版アプリ「TELLO(iOS/Android)」とプログラミング教育アプリ「TELLO EDU(iOS/Android)」の2つを利用できます。「TELLO Hero」アプリは利用できません。

TELLO

TELLO

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

TELLOアプリは、スマホ/タブレット(iOS/Android)からTELLOドローンを操作できるアプリ。ドローンをワイヤレス接続すると、ドローンのカメラの映像がスマホ/タブレットの画面上に映し出されます。アプリの利用料金は無料。
ブロックプログラミング
Tello EDUアプリを使って、様々な機能をもった「ブロック」を組み合わせ、自動的に飛行するドローンプログラミングができます。プログラミングといっても複雑なコードは書く必要はありません。
 
TELLO EDU

TELLO EDU

wistronT1無料posted withアプリーチ

TELLO EDUアプリ(IOS/ANDROID)アプリは、ゲーム感覚で簡単にプログラミグ飛行ができるアプリ。日本語にも対応しています。アプリの利用料金は無料。
関連:ドローンプログラミング教育アプリ Tello EDU アプリの使い方
DroneBlocks

DroneBlocks

Dennis Baldwin無料posted withアプリーチ

 
DRONEBLOCKS(IOS/ANDROID/PC)アプリは、スマホ・タブレット(iOS/Android)に加えて、パソコンでもドローンプログラミングができるアプリ。英語は言語です。アプリの利用料金は無料。
同梱品

Tello EDUは、通常版の同梱内容に加え、Micro USBケーブルが同梱。また、ミッションパッド×4が追加されています。(Tello EDUのみ)

重量 87g
飛行時間 13分
飛行距離 100m
最高速度 秒速8m
静止画 2,592×1,936ピクセル(約500万画素)
動画 720/30p
カラー

DJI ドローン Tello EDU

created by Rinker
DJI

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズの特徴

ポイント

  • 航空法規制対象外の200g未満の軽量・小型ドローン
  • 子供でも簡単に飛ばすことができる
  • ビジョンポジショニングセンサー搭載
  • 飛行時間13分・飛行距離100m
  • 自動で起動&ホバリング
  • 専用アプリでスマホで簡単操作(リアルタイムで映像表示、6つのフライトモード搭載)
  • 汎用Bluetoothゲームコントローラで操作可能
  • スマホ挿入型VRヘッドセット対応
  • 500万画素の静止画撮影
  • 720/30p動画撮影
  • 簡単プログラミング自動飛行(Tello EDUアプリ、Scrach)
  • 本格プログラミング飛行(Python、Swift)
  • プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」

「てのひら」サイズの軽量・小型ドローン

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズのサイズは、98×92.5×41mmとコンパクト。

日本国内でドローンを飛ばすときに、初心者にとっては障壁となるのが、200gに適用される航空法の規制です。航空法には、「飛行禁止空域」「飛行のルール」があります。

Tello(テロー)の重量はわずか80g。200g未満で航空法の規制対象外ため、気軽に飛ばすことができます。 

子供でも飛ばすことができる

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、子供でも簡単操作で飛ばすことができます。

ユーザーが操作しない時は、その場でホバリング。スマートフォンとの接続が途切れると、自動で着陸します。

自動離陸、自動着陸機能、衝突検知システムを備えています。柔軟なプロペラを採用し、プロペラガードも装着可能。

ビジョンポジショニングセンサー搭載

Tello(テロー)は、ビジョンポジショニングセンサーを搭載。ビジョンポジショニングセンサーとは、ドローンを水平に保ち安定した飛行を実現する為の機能です。

5つのセンサーからのリアルタイムデータを受信する「Intel(インテル)」の「Movidius Myriad 2 VPU(ビジョン・プロセッシング・ユニット)」で周囲の状況を把握。DJIの飛行安定化技術も投入しており、安定した正確なホバリングを行うことができます

飛行時間13分・飛行距離100m

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、「ホビードローン」としては、長時間となる飛行時間13分を実現。飛行距離は、100mです。

自動で起動&ホバリング

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、手の上から空に投げ出すと自動で起動し「ホバリング(空中で停止すること)」を開始します。

また、ワンタッチフライト機能「EZ Shot」を搭載。「360度方向の短い映像を撮影し、サークル内を飛行」する、「フリップ」をする、「障害物コースを通過」など様々な飛ばし方ができます。

専用アプリで操作

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、専用のスマートフォンのアプリを使って、無線LAN経由で操作が可能。

360度回転しながら撮影や「フリップ」も可能です。

ドローンに搭載したカメラの映像がリアルタイムでスマホに映し出されます。

6つのフライトモード

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、6つのフライトモードを搭載しています。

  1. 8D Flips:マホ画面をスワイプすると、その方向に宙返り
  2. Throw & Go:手のひらからリリースすると飛行
  3. Up & Away:後方に上昇しながら自動で撮影
  4. 360:ホバリング状態かで、360度回転しながら、撮影
  5. Circle:常に中央にカメラを向けながら大きく円を描きながら撮影
  6. Bounce:高さ30cm〜1mくらいを上下に移動

500万画素の静止画撮影

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、搭載カメラで静止画の撮影が可能。JPEG静止画は、500万画素(2,592×1,936ドット)です。

720/30pの動画撮影

720/30pの動画撮影可能。DJIの上位モデルでは搭載されているブレの補正装置「ジンバル」は、ありませんが「電子手ぶれ補正」は搭載しています。撮影データはドローン本体ではなく、スマートフォン側で保存されます。

汎用のBluetoothゲームコントローラで操作

dji-tello-controller

汎用のBluetoothゲームコントローラで操作することができます。

Gamesir社製またはGamevice社製のカスタム送信機に対応しています。

GameSir T1d Controller
created by Rinker
Ryze Technology
¥3,800 (2019/09/23 03:15:52時点 Amazon調べ-詳細)
Gamevice iPhone用コントローラー

スマホ挿入型VRヘッドセット

「スマホ挿入型VRヘッドセット(別売)」に映像を飛ばしドローンの目線で操作することができます。

 

初心者でも簡単にプログラミング飛行

dji-tello-programming

Ryze Tech/DJI ドローン Tello シリーズは、米国マサチューセッツ工科大学 (MIT) の研究所 が開発した子供向けのプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」でプログラミングも可能。

モーションをプログラミングすることで、自動運転で飛ばすことができます。

子供がプログラミングの基礎を学ぶ目的としてもおすすめです。

Scratch(スクラッチ)| 子ども向けプログラミング言語

Scratch(スクラッチ)は、米国マサチューセッツ工科大学 (MIT)の研究所「MITメディアラボ」がプログラミング初心者のために開発したプログラミング言語環境。難しいコードを書く必要はなく視覚的にプログラグラミングができます。子供向けのプログラミング言語として活用されています。

Telloの使い方 | Scratchでドローンプログラミング (Mac編)

2019.08.27

ドローンプログラミング教育アプリ Tello EDU アプリの使い方

2019.08.25

本格プログラミング飛行 

Tello EDUは、Scratch、Swift、Pythonなどのプログラミング言語に対応しています。

Swift(スウィフト)| iOSアプリ開発プログラミング言語

Swift(スウィフト)は、Apple社が2014年に発表した新しいプログラミング言語。iPhoneやMacなどのApple製品のアプリをはじめ、Webアプリケーションの開発にも使われています。

Python(パイソン)| プログラミング初心者から高度なWebサービスまで

Python(パイソン)は、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたプログラミング言語。文法がシンプル読みやすいのが特徴で、プログラミング初学者や、子供の学習向けとしても人気です。高度な機械学習の分野でも広く活用され、商用サービスとしては、Google検索エンジン、YouTube、Instagram、Dropbox、NASAなどでも使われています。

関連:PythonによるTello操作(基本、及びクラウドからのMQTTによる操作まで) – Qiita

▼Tello プログラミング言語対応

TelloTello Boost コンボTello アイアンマン エディションは、プログラミング言語「Scratch」にのみ正式対応しています。Swift、Pythonでも使えるには使えますが、非公式対応です。

Tello EDUは、従来のScratchに加えて、Swift、Pythonにも正式対応しています。

  DJI ドローン Tello
DJI ドローン
Tello

12,800円
DJI ドローン Tello Boost コンボ
DJI ドローン
Tello
Boost コンボ

18,900円 
DJI ドローン Tello アイアンマン エディション
DJI ドローン
Tello
アイアンマン
エディション

16,900円 
DJI ドローン  Tello EDU
DJI ドローン
Tello
EDU

 16,800円
プログラミング
言語対応
Scratch
Swift
Python
Scratch
Swift
Python
Scratch
Swift
Python
Scratch
Swift
Python

アプリ対応

DJI ドローンTelloTello Boost コンボは「Telloアプリ」「TELLO EDUアプリ」「DroneBlocksアプリ」を、Tello アイアンマン エディションは「TELLO Hero」「TELLO EDUアプリ」「DroneBlocksアプリ」を、Tello EDUは「TELLOアプリ」「TELLO EDUアプリ」「DroneBlocksアプリ」をそれぞれ利用できます。

▼アプリ対応

 

  DJI ドローン Tello
DJI ドローン
Tello
DJI ドローン Tello Boost コンボ
DJI ドローン
Tello
Boost コンボ
DJI ドローン Tello アイアンマン エディション
DJI ドローン
Tello
アイアンマン
エディション
DJI ドローン  Tello EDU
DJI ドローン
Tello
EDU
価格  12,800円 18,900円  16,900円   16,800円
アプリ対応
TELLO,
TELLO Hero,
TELLO EDU,
DroneBlocks
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
DroneBlocks
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
DroneBlocks
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
DroneBlocks
TELLO
TELLO Hero
TELLO EDU
DroneBlocks
Telloアプリ(IOS/ANDROID)|スマホ、タブレットでTELLOドローンを操作
TELLO

TELLO

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

TELLOアプリは、スマホ/タブレット(iOS/Android)からTELLOドローンを操作できるアプリ。ドローン搭載カメラの映像をリアルタイムでスマホ/タブレットの画面に映しながら操作できます。写真撮影、動画撮影もアプリから行います。
■利用料金:無料 ■対応ドローン:Tello/Tello Boost コンボ/Tello EDU
Tello Hero(IOS/ANDROID)|Tello アイアンマンエディション専用
Tello Hero

Tello Hero

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

TELLO HERO(IOS/ANDROID)アプリは、Tello アイアンマンエディション専用のアプリです。
 
■利用料金:無料 ■対応ドローン:Tello アイアンマンエディション
Tello EDUアプリ(IOS/ANDROID) |ゲーム感覚で簡単ドローンプログラミング
TELLO EDU

TELLO EDU

wistronT1無料posted withアプリーチ

TELLO EDUアプリ(IOS/ANDROID)アプリは、ゲーム感覚で簡単にプログラミング飛行ができるアプリです。「トレーニング機能」「課題テスト」「ドローン操作」「ブロックプログラミング」機能を備えています。TELLO EDUアプリではドローンカメラの映像は映し出されません。日本語にも対応しています。
 
■利用料金:無料 ■対応ドローン:Tello/Tello Boost コンボ/Tello アイアンマンエディション/Tello EDU

関連:ドローンプログラミング教育アプリ Tello EDU アプリの使い方

DroneBlocks(iOS/Android/PC)|スマホ、タブレット、パソコンで英語でドローンプログラミング
DroneBlocks

DroneBlocks

Dennis Baldwin無料posted withアプリーチ

DRONEBLOCKS(IOS/ANDROID/PC)アプリは、スマホ・タブレット(iOS/Android)に加えて、パソコンでもドローンプログラミングができるアプリです。英語は言語です。
■利用料金:無料 ■対応ドローン:Tello/Tello Boost コンボ/Tello アイアンマンエディション/Tello EDU

プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」

Tello EDUには、プログラミング飛行をサポートする「ミッションパッド」付属しています。

ミッションパッドには固有のIDが割り振られています。飛行経路上にパッドを置くとドローンが位置情報を認識し、次の複雑なアクロバット飛行が簡単に実現できます。

  • 高度変更
  • 空中停止(ホバリング)
  • アクロバット飛行

▼ミッションパッド付属比較

ミッションパッドが同梱しているのは、Telloシリーズ中、Tello EDUのみです。

  DJI ドローン Tello
DJI ドローン
Tello

12,800円
DJI ドローン Tello Boost コンボ
DJI ドローン
Tello
Boost コンボ

18,900円 
DJI ドローン Tello アイアンマン エディション
DJI ドローン
Tello
アイアンマン
エディション

16,900円 
DJI ドローン  Tello EDU
DJI ドローン
Tello
EDU

 16,800円
ミッション
パッド
付属 
-なし -なし -なし  ミッションパッド
付属 

200g以上の機体は航空法の規制を受ける

ドローンを飛ばす時に、知っておく必要があるのが、航空法の規制についてです。2015年12月10日にドローンに関する法令が定まりました。(航空法改正)簡単に言うと以下のルールです。

重量が200g以上のドローンは航空法の規制を受ける

200g以上のドローンは航空法の規制を受ける機体です。本格的な空撮には高性能な機体性能+カメラ性能が必要なため、重要は200g以上を超えるものになります。

重量200g未満のドローンは航空法の規制を受けない

200g未満のドローンは航空法の規制を受けません。「トイドローン」とよばれます。モラルやマナーを守って割りと自由に利用することができますが、性能が全体的に低いので練習に最適なドローンです。

詳細:航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール – 国土交通省

関連記事