定番モニターヘッドフォン ソニー「MDR-CD900ST 」「MDR-7506」「MDR-V6」比較

レコーディングで定番のモニターヘッドフォン、ソニー「MDR-CD900ST 」「MDR-7506」「MDR-V6」を比較紹介します。

定番モニターヘッドフォン ソニー「MDR-CD900ST 」「MDR-7506」比較

定番モニターヘッドフォン ソニー「MDR-CD900ST 」

国内レコーディングスタジオのスタンダード
細かい音までクリアに聞き取れる

メリット

  • 低域から広域までフラットな音質
  • 解像度が高く
  • 個別パーツがあり保守性が高い
デメリット

  • 折りたたみできないので持ち運びに不便
  • 低音域がやや弱い

20年以上のロングセラーを続ける、国内レコーディングスタジオの定番中の定番モニターヘッドフォン「MDR-CD900ST 」。外観の側面が赤いラベルになっていることから、通称「赤帯」と呼ばれます。

癖のないフラットな音質が特徴でレコーディング時のモニターやミキシング最適です。唯一の弱点は、やや低温域の出方が弱いことです。

プロからの高く評価され、20年以上のロングセラーを続けています。

「基準」として1台は必ず一台は持っておきたいオススメのモニターヘッドフォンです。
タイプ ダイナミック密閉型
ドライバー 40mmドーム型
インピーダンス 63Ω 
最大入力 1000mW 
再生周波数帯域 5~30,000Hz 
感度 106dB 
プラグ形状 ステレオ標準プラグ 
ケーブル 2.5m ストレート 
重量 200g
付属品 なし

定番モニターヘッドフォン ソニー「MDR-7506 」

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥11,000 (2019/01/20 18:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

海外レコーディングスタジオのスタンダード
リスニングにも最適

メリット

  • 折りたたみ可&ポーチ付属で持ち運びに便利

海外レコーディングで定番のモニターヘッドフォン 「MDR-7506 」

外観の側面が赤いラベルになっていることから、通称「青帯」と呼ばれます。

ケーブルはカールタイプを採用。変換プラグ(6.3mmステレオ標準/3.5mmステレオミニ)が付属しています。

タイプ ダイナミック密閉型
ドライバー 40mmドーム型
インピーダンス 63Ω 
音圧 106dB/mW
最大入力 1000mW 
再生周波数帯域 10~20,000Hz
プラグ形状 3.5mmステレオミニ/6.3mmステレオ標準
ケーブル 1.2mカールコード(最大3.0m)
重量 約230g
付属品 変換プラグ
キャリングポーチ

定番モニターヘッドフォン ソニー「MDR-V6 」

国内未発売モデル

  • メリット 折りたたみでき、持ち運びにも便利
タイプ ダイナミック密閉型
ドライバー 40mmドーム型
インピーダンス 63Ω 
最大入力 1000mW 
再生周波数帯域 5~30,000Hz 
感度 106dB 
プラグ形状 3.5mmステレオミニ/6.3mmステレオ標準
ケーブル 1.2mカールコード(最大3.0m)
重量  
付属品 キャリングポーチ
変換アダプタ