【図解】「Kindle for PC」に紐付いているAmazonアカウントの登録を解除する方法

kindle_account_unlock-1

Kindle for PCの登録を解除する方法を解説します。

「Kindle for PC」に紐付いているAmazonアカウントの登録を解除する方法

「Kindle for PC」が誤ったアカウントに登録されている、あるいは、Kindle for PCを使用しない場合、Amazonアカウントの登録を解除できます。

「Kindle for PC」の上部メニューの「Kindle」>  「設定」をクリックします。
(Macショートカットキー 「⌘ + ,」)

kindle_account_unlock-1

「一般」ウィンドウが開いたら、「登録の解除ボタン」をクリックします。

kindle_account_unlock-1

「登録解除により〜」の左横に✓(チェック)を入れ、「登録の解除」をクリックします。

kindle_account_unlock-3

以上で、「Kindle for PC」に紐付いている、Amazonアカウントの解除は完了です。

Amazon kindleストア

電子書籍は「Amazon kindleストア」で購入できます。

Amazon Kindleストアを見る

書籍、マンガ、小説、雑誌、読み放題 Amazon kindle Unlimited

いつでもどこでも読み放題。

✓書籍8万冊、コミック3万冊、洋書120万冊以上
✓雑誌数240誌以上
✓スマホ・PC・タブレット対応

いつでも気軽に解約OK。無料体験後、月額わずか980円。
Kindle Unlimitedのサービス内容を詳しく見る

電子書籍リーダー Amazon Kindle端末 5機種比較表

  格安モデル
ライト搭載

Kindle
防水対応
売れ筋No1

Kindle
Paperwhite

詳しく
大容量
マンガ好きに

Kindle
Paperwhite
マンガモデル
明るさ自動調整
ページめくり搭載
暖色に調整
防水対応

Kindle
Oasis
詳しく
価格 ¥ 8,980〜 ¥ 13,280〜 ¥ 16,280 ¥ 23,980 ¥ 29,980〜
ストレージ
容量
4 GB 8 GB
32 GB
8 GB
32 GB
4 GB 8 GB
32 GB
内蔵ライト あり
LED 4個
あり
LED 4個
あり
LED 4個
あり
LED 6個使用
あり
LED 12個使用
明るさ
自動調整
なし なし なし ◯あり ◯あり
タッチ
スクリーン
のページ送り
タッチ
スクリーン
タッチ
スクリーン
タッチ
スクリーン
タッチ
スクリーン
タッチ
スクリーン
ページめくり
ボタン
なし なし なし ◯あり ◯あり
解像度 167 ppi 300 ppi 300 ppi 300 ppi 300 ppi
バッテリー 数週間
ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fi Wi-Fi
または
Wi-Fi + 無料4G
Wi-Fi Wi-Fi
または
Wi-Fi + 無料3G
Wi-Fi
または
Wi-Fi + 無料4G
重量 174g Wi-Fi :
205g
Wi-Fi+無料4G :
217g
205g Wi-Fi :
180g
Wi-Fi+無料3G :
188g
Wi-Fi :
194g
Wi-Fi+無料4G :
194g
サイズ 160 mm
113 mm
8.7 mm
169 mm
117 mm
9.1 mm
169 mm
117 mm
9.1 mm
162 mm
115 mm
7.6 mm
159 mm
141 mm
3.4-8.3 mm
画面サイズ 6インチ 6インチ 6インチ 6インチ 7インチ
反射抑制
スクリーン
あり あり あり あり あり
防水性能 なし ◯あり なし なし ◯あり
色調調節
ライト
なし なし なし なし ◯あり
自動画面
回転機能
なし なし なし なし ◯あり

 

Amazon Kindle 5機種の詳しい比較

電子書籍リーダー Amazon Kindle 関連記事一覧

電子書籍リーダー Amazon Kindle端末比較

Kindle の登録、解約方法

Kindle for Mac の使い方

FireタブレットとKindle端末の違い

  Fire タブレット
シリーズ3機種
KIndle 端末
シリーズ5機種
  \読書・ゲーム・動画・音楽も/
Kindle Paperwhite マンガモデル
\電子書籍専用/
Kindle Paperwhite マンガモデル
電子書籍を読む
インターネット閲覧
動画
音楽
ゲーム

読書だけでなく、インターネット閲覧、動画、音楽、ゲームを楽しみたいなら、Fireタブレットシリーズの方がおすすめです。

AmazonFireタブレットシリーズを見る