【PUBGモバイル】3Dタッチの設定方法と使い方

「PUBGモバイル」で「3D Touch」機能を使った射撃方法と設定方法について紹介します。

3D Touchを使いこなすことで、エイム→射撃がスムーズになり、キルを取りやすくなります。

3D Touchを有効にすると、画面右側を「押し押す」ことで射撃できます。

 

3D Touch(3Dタッチ)とは?

iPhone 6s/6s plus以降の標準機能

「3D Touch」とは、iPhone 6s/6s plus以降の端末に備わっている標準機能です。

画面を「押し込む」ことで動作します。

3D Touch(3Dタッチ)の使用例

例えば、

  • 受信ボックスにあるメールを”押し込む”と、メールを開かずにプレビューを見ることができる
  • Safariアプリで、Webページ上のリンクを”押し込む”とリンク先のコンテンツをプレビュー表示できる

という使い方できます。

PUBGモバイルの「3DTouch」機能とは?

荒野行動では「3DTouch」を使った射撃方法に対応しています。

画面右側を強く押すと射撃

画面右半分のどこでもいいので、”強く押す”と射撃できます。

iPhone 6s/6s plus以降の機種限定、Android端末は非対応

iPhone 6s/6s plus以降の機種でしか有効にできません。IPhone6s以前の端末やAndroid端末は非対応です。

3DタッチをONにする方法

1.設定を開く

△「ロビー」または、演習中に「設定ボタン(歯車マーク)」をタップします。

2.操作設定で②を選択

△操作設定 >  ②番を選び、「3Dタッチ使用」にチェックを入れます。

3.感度調整

「3Dタッチ感度」のスライドバーを動かし感度を調整できます。

「通常の射撃」と「3Dタッチの射撃」の比較

通常の射撃

  1. エイムを合わせる
  2. 射撃ボタンに押す

ポイント

  • △ 物理的なボタンがない為、突然敵を遭遇したとき時上手く押せないことがある
  • △ ボタンの押し変えに一瞬のタイムラグある

「3Dタッチ」の射撃

  1. エイムを合わせる
  2. そのまま「画面右側」を「押し込み」射撃

ポイント

  • ◯ エイム→射撃がスムーズで早い
  • ◯ 突然敵に遭遇したときにもすぐに押せる
  • △ 慣れないうちは、誤射しやすい

誤射を減らすにはiPhoneの3D Touchの感度を調整

3D Touchを有効にしていると、画面右側のどこを押しても射撃するため、視点変更、エイム、ジャンプボタン等を使う時に誤射してしまうことがあります。

その場合、iPhoneの3D Touchの感度を調整します。設定画面内でテストもできるので、自分の操作の圧力に応じて、最適な感度を見つけます。

3D Touchの設定 設定アプリ > 一般 > アクセシビリティ > 3D Touch > 3D Touchの感度

※ゲーム内の設定ではなくiPhone本体の設定です。