iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテクニック【解説画像つき】

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法を解説します。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

バッテリー節約方法①通信設定をオフに

通信設定をオフに

通信設定をオフでバッテリー節約

通信機能を使わない時は、「WIFi」「Bluetooth」をオフにしておきます。

バッテリー節約方法②使わない機能をオフに

通知オフ

通知オフでバッテリー節約

AirDropを使わない場合はオフにします。

バッテリー節約方法③通知を見直し

「設定」アプリ>「通知」から重要度が低い「通知」はオフにします。

バッテリー節約方法④自動ロックの時間を短く

自動ロックの時間を短く

自動ロックの時間を短くしてバッテリー節約

「設定」アプリ>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」からスリープまでの時間を短く設定します。

バッテリー節約方法⑤GPSをオフにする

GPSをオフでバッテリー節約

GPSをオフでバッテリー節約

「設定」アプリ>「プライバシー」から「位置情報サービス」をオフにします。

バッテリー節約方法⑥自動ダウンロードをオフ

自動ダウンロードをオフでバッテリー節約

自動ダウンロードオフでバッテリー節約

「設定」アプリ >「iTunes Store と App Store」から自動ダウンロードをオフにします。

バッテリー節約方法⑦低電力モードをオンに

「低電力モード」をオンにしてバッテリー節約

「低電力モード」をオンにしてバッテリー節約

「設定」アプリ >「バッテリー」から「低電力モード」をオンにします。

モバイルバッテリーを使う

Amazonのバッテリー部門で人気No1メーカー「Anker(アンカー)」のモバイルバッテリー。「Anker PowerCore 10000 」は、最軽量の大容量モバイルバッテリーです。iPhone 8 約4回、iPad Air約1回、Galaxy S8 約2回半のフル充電が可能。
壁電源差しも、モバイルバッテリーにもなる1台2役のモバイルバッテリー。クレジットカードサイズの小型で持ち運びにも便利です。

Anker モバイルバッテリーをもっと詳しく見る>

Anker 人気モバイルバッテリー比較12選 おすすめはどれ? 選び方を解説【2019年最新版】

2017.11.08

バッテリー交換

iPhoneを長く使っていると少しづつバッテリーも劣化し、持ち時間が短くなります。バッテリー交換すれば、新品時の持ちを取り戻すことができます。

▽バッテリー交換サービス料金

iPhone のモデル Apple 製品限定保証
または
AppleCare+ の保証対象
保証対象外
iPhone SEiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X 0 円  3,200 円*
上記以外の対象モデル 0 円  8,800 円

※2018年12月31日までの間、対象となる iPhone6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を3,200円。

関連:Apple、iPhoneのバッテリー交換費用を8,800→3,200円に値下げ