【保存版】Macが重い・遅い時の対処方法9選

Macの動作がモッサリ重い…。買ったばかりの頃のスピードはどこへ…。
Macをメタテナンスして買ったばかりのサクサクスピードを取り戻す対処方法を紹介します。
Macで作業していると、「レインボーカーソルが回り始め反応なしでイライラ、、、」この記事では、Macが重い時の対処方法を紹介します。

対処方法1 Macを再起動

まずは、基本中の基本。Macの動作が重いなと思ったら、一旦電源を落とし再起動します。調子が悪くなったとき、まずは再起動を試してみてみましょう。
 
mac-slowmac-slow-1
 

ショートカットキー:「control + 電源ボタン + R」

対処方法2 セーフブートを実施する

セーフブートとは、起動時に所定のチェックを行い、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動したりしないよう阻止する起動方法のこと。

セーフブート(セーフモード)を行うと、起動ディスクを検証して問題の修復し不要なキャッシュファイルが削除することができます。

セーフブートの手順

  1. Macのシステム終了し電源オフの状態であることを確認します。
    Macをシステム終了する

    Macをシステム終了する

  2. Macを起動後、起動音が聞こえたら「Shift」キーを押し続けます
  3. Appleアイコンと進捗状況を示す「ギアマーク」が表示されたら「Shift」キーを離します。
 
 

対処方法3 NVRAM(PRAM)リセットする

「NVRAM」 とは、Mac がすばやくアクセスできるように設定情報を記憶しておくメモリ領域のこと。
NVRAM に記憶される設定情報には以下があります。これらの問題が発生したときにリセットを行い修復を試みます。
  • 音量
  • 画面解像度
  • 選択されている起動ディスク
  • 時間帯
  • 最近起きたカーネルパニックの情報

NVRAM(PRAM)リセット手順

  1. Macのシステム終了し電源オフの状態であることを確認します。
  2. Macを起動後、「ジャーン」という起動音が聞こえたらすぐにキーワードの「command + option + P + R」の4つのキーを同時に押し続けます。
    option + command + P + R
  3. 2回目の起動音聞こえたら、キーを離します。 

対処方法4 Time Machineを作業中に走らせない

Time Machine とは Mac で標準で搭載されているデータバックアップ機能のこと。
 
Time Machineのバックアップが動作している時は負荷がかかり動作が重くなる原因となっています。Time Machineではバックアップアップのタイミングを調整することができません。
 
フリーソフト「TimeMachineEditor」を使ってバックアップを取るタイミングを設定できます。夜間などPCの作業時間を避けるようにバックアップのタイミングを設定しておきましょう。
 

TimeMachineEditorのインストール手順

  1. TimeMachineEditorのページからDownload項目の「TimeMachineEditor」をクリックします。
  2. ダウンロードした zipファイルを解凍した後、「TimeMachineEditor」を「アプリケーション」フォルダへ移動します。
    ※「TimeMachineEditor」を使う場合、Mac純正のTimeMachineはオフしておく必要があります。

TimeMachineをオフにする手順

  1. TimeMachineを起動します。※素早くアクセスするには、Spotlightで「Time Machine」で検索します。
  2.  画面が開いたら「切」側をクリックすることでオフにできます。mac-slowmac-slow-time

対処方法5 ディスクのアクセス権を修復

アクセス権とはファイルに対する設定のことです。ファイルの読み取る、書き込む、実行はこの設定によって左右されます。
ファイルのアクセス権の設定に不具合がある場合、ファイルを使うソフトが正常に動作しなくなることもあります。

 

ディスクのアクセス権を修復の手順

mac-slow-disk
  1. ディスクユーティリティを開きます (「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダ内)。※素早くアクセスするには、Spotlightで「ディスクユーティリティ」で検索します。
  2. ボリュームのリストから起動ディスクを選択します。
  3. 「First Aid」タブをクリックします。
  4. 「ディスクのアクセス権を検証」をクリックします。
  5. アクセス権を修復するには、「ディスクのアクセス権を修復」をクリックします。

詳細:ディスクユーティリティでディスクのアクセス権を修復する

対処方法6 ゴミ箱を空にする

ゴミ箱を空にします。「ゴミ箱」アイコンを右クリックし、「ゴミ箱を空にする」をクリックします。

mac-slow-6

対処方法7 デスクトップをきれいにする

こちらも基本の対策です。デスクトップには不要はファイルをおかずキレイにしておきます。デスクトップに配置するアプリやファイルは最小限にしておきましょう。

mac-slow-7

対処方法8 Mac OSのクリーン再インストール

Mac OSのクリーン再インストールすることで、購入したばかりの時のように、サクサク動くようになります。2〜3時間ほど時間がかかります。

Mac OSの再インストール方法は大きくわけて「データを一旦削除して再インストール」と「データ削除なしで再インストール」の2通りです。 

方法1:データを一旦削除して再インストール

  1. 外付け「HDD」or「SSD」にデータをすべてバックアップ
  2. バックアップ後に元の内蔵ハードディスクの中身を消去
  3. まっさらな内蔵HDD/SSDに、Mac OS を再インストール
  4. 初期化されたMacへバックアップから復元して、元のアプリなどを戻す

方法2:データ削除なしで再インストール

Macでは、データ削除不要で設定もアプリもそのまま残したまま再インストールできます。
詳細:Mac OS Mojave をデータ削除なしで再インストールする全手順

対処方法9 HDD搭載の旧Macを外付けSSDで高速化

HDD(ハードディスク・ドライブ)に比べてファイルの読み書きが高速なSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を後付けし、Macをインストールします。

機器の購入は必要ですが、Macを買い換えるのに比べて安い金額で高速化ができます。

▽必要なもの

接続アダプター SSD

Delock Thunderbolt ⇔ 22ピン SATAインターフェース 接続アダプター SLIVER 61971
Amazonで購入

Samsung SSD
Amazonで購入

 
 
ポイント

  • ◯ PCの起動が早くなる
  • △ 機器の購入が必要

対処方法10 Mac 空き容量の削減

Mac のストレージ空き容量が少なくなると、動作が重くなる、エラーが頻発する、壊れやすくなる、不具合が多くなるなどの問題を引き起こします。

  • 使っていないファイルの削除
  • 使っていないアプリの削除

で容量を減らします。

Mac 空き容量削減におすすめソフト比較