古いMacサクサク動作! 旧Macを外付けSSDで高速化する方法

旧タイプのiMacを使っていて、

「iMacの起動が遅い」
「アプリの起動・動作が遅い」
「ファイルを開いたり、保存に時間がかる」

という時にiMacを買い換える前に検討したいのが、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の導入です。

SSDとは、HDD(ハード・ディスク・ドライブ)と比較して高速・静かな記憶装置。SSD化することでファイルの読み出し・書き込みが速くなり、OSの起動やアプリの動作を高速化できます。

必要なものは、「SATA接続のSSD」と「SATA接続のSSDをMacにつなぐアダプター」です。

MacのSSD化とは?

高速なSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を後付け

MacのSSD化とは、高速なSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を後付けし、Macをインストールすることです。

SSD HDD
容量 ◯大きい ◎とても大きい
読み書き ◎超高速 ◯速い
静音性能 ◎とても静か △ある
消費電力 ◎小さい △ある
価格 △高い ◯安い
耐衝撃 ◎とても強い ◯普通

SSD化のメリット・デメリット

SSD化のメリット

  • HDD(ハードディスクドライブ)に比べて高速に動作する
  • Macの買い替えに比べたら低コスト
  • 違うMacでも同じ環境で利用できる

デメリット

  • 機器の購入必要がかかる
  • 外部機器が増えゴチャゴチャする

サクサク動作! 旧Macを外付けSSDで高速化する方法

1.iMacの機種を確認

関連記事:iMac 型番・機種・モデル名・シリアル番号の調べ方

2.「接続アダプター」と「SSD」を購入

Delock Thunderbolt ⇔ 22ピン SATAインターフェース 接続アダプター SLIVER 61971
Amazonで見る

Samsung SSD
Amazonで見る

3.接続

「SATA接続のSSD」-「SATA接続のSSDをMacにつなぐアダプター」- 「iMac」

4.SSDにMacOSをインストール

SSDにMacOSをインストールします。