サウンドバー 人気おすすめ比較【2019年最新版】

コスパに優れた機種も多く登場し、手が届きやすくなった4Kテレビ。4K画質は高詳細でキレイですが、薄型のため音質面がどうしても犠牲になっています。

Amazonプライムビデオ、Hulu、Netfrix、dTV、DZON、WOWOWOオンデマンド、U-NEXT、dアニメストア、RakutenTV、FODプレミアム、バンダイチャンネル、GYAO!ストア、GYAOといった動画サービスの普及にともない、自宅で映画やアニメを楽しむ人は、ますます増えてきました。

「自宅でも迫力のある音声で映画、アニメ、ドラマを楽しみたい」という人には、テレビに接続して使う、バータイプのスピーカー「サウンドバー」がおすすめです。

サウンドバーを設置することで、音質が臨場感のある迫力のサウンドにワンランクアップします。

この記事では、サウンドバーの人気機種を比較紹介します。

サウンドバー 人気おすすめ比較【2019年最新版】

JBL サウンドバー Bar 3.1

ウーファーユニット搭載し、大迫力のサウンドを実現
4K Ultra-HDに対応

  • JBLサウンドバーで初のセンターチャンネルを搭載
  • 最大口径クラスの250mm径ウーファーユニット搭載し、大迫力のサウンドを実現
  • 4K Ultra-HDに対応&各接続機器とはサウンドバーをハブとして活用し高音質で再生
  • 多彩な入力に対応。かつケーブル1本で簡単接続が可能
  • 音楽も本格的に楽しめる音質設計
  • 設置しやすいコンパクトサイズ&自由なレイアウトが可能
■メーカー:JBL
■サイズ(W x H x D) :サウンドバー:1018×58×78 (mm/本体のみ) ;サブウーファー:305×440×305 (mm)
■重量(ケーブル含まず):サウンドバー:2.3kg、サブウーファー:12.1kg
■付属品:AUXケーブル(1.2m)×1、HDMIケーブル(2.0m)×1、リモコン×1、ACアダプタ、壁掛用取付金具×1、 電源ケーブル×2(各1.5m、サウンドバー、サブウーファー)
使用ユニット:サウンドバー:58mm径ミッドレンジドライバー×6、32mm径ツイーター×3、
 
レビュー・評価・クチコミ

音は満足。しかし仕様に難あり。

Amazonサイバーマンデーの時に5%オフ+10%オフの46,563円で購入。

◆良い点
・映画グレイテスト・ショーマンを観ても音に厚みがあるし、テレビのスピーカーでは聞こえなかった音が聴こえて楽しみが倍増した。

◆悪い点
・アップルTV操作時、カーソルが動いている音がしない(消える)。アップルTVでNetflixを観ても、作品を選択する音が出ない。たまに出るぐらい。Youtube同様。
・スイッチでスマブラをやる際、シーンの切替時に「ボッ」という音がバー、ウーファー共に出る。
・Bluetooth接続で音楽再生時、冒頭の音が出ない。

◆総評
映画鑑賞が最高の時間に。
ゲームはシーン切替時にストレスを感じそう。ただ、少しすれば慣れるかも。
SB450も同じ症状があったみたいだが、改善用のファームウェアアップデートがあったようなので、Bar 3.1もアップデートがある事を期待して返品せずに使おうと思う。

出典:Amazon購入者レビュー

YAMAHA サウンドバー YAS-109

 

  • 内蔵のAlexaボイスコントロール
  • バーチャル3Dサラウンド技術DTS Virtual:X
  • 内蔵サブウーファー
  • 壁掛けにも対応したスリムな設計

JBLサウンドバー Bar Studio

ホームシアターシステムBluetooth/HDMI/ARC対応 

  • エントリーモデルでありながらHDMI ARCに対応したTV用サウンドバー
  • 2.0ch+デュアルバスポートによる迫力のJBLサウンド
  • BluetoothやUSB接続による音楽視聴も可能
  • JBLサウンドバー史上最もコンパクトなサイズ&壁掛けブラケット付きで自由なレイアウトが可能