GitのGUIクライアント GitHub for Macをインストールする方法

GitのGUIクライアント GitHub for Macをインストール方法を説明します。

Gitとは?

Gitとはプログラムのソースコードの変更履歴を記録、追跡するためのバージョン管理システムです。

Gitクライアントとは?

GitをGUIで操作するためのツールです。通常、Gitの操作はターミナルからコマンドで行わなければなりません。
いわゆる「黒い画面」で文字列つかってパソコンを操作する必要があります。
Gitクライアントを使えば、Gitを視覚的に操作することができます。

Mac対応のGitクライアント

Mac対応のGitクライアントには複数の種類があります。

今回は、GitHub for Macのインストール方法を紹介します。

GitHub for Mac

https://desktop.github.com/

GitHub Desktop | Simple collaboration from your desktop

GitHub for Macのインストール方法

GitHub Desktopにアクセスし、「Download for macOS」をクリックします。

ダウンロードできたら、ファイルをダブルクリックして展開します。
(ファイル名:GitHubDesktop.zip)

GitHubDesktop.zip

展開がはじまりますので、少し待ちます。

GitHub Desktop.app

展開が完了すると、「GitHub Desktop.app」というアイコンができます。
アプリケーションフォルダに移動しておきましょう。

これで、「GitHub for Mac」のインストールは完了です!

GitHub for Macを起動してみよう

起動方法は複数ありますが、「spotlight」を使った起動に慣れるのが一番便利です。

spotlight(ショートカットキー:control + スペース)
「git」まで入力すると、候補が表示されるので「enter」を押します。

 

GitHubで使っているユーザー名とパスワードを入れてログインします。

GitHub_for_Mac-7 GitHub_for_Mac-8

「Finish(終了)」をクリックします。