新海誠監督『天気の子』の新映像「後報」公開。楽曲は、RADWIMPS「大丈夫(Movie edit)」を使用。

大ヒット上映中の新海誠監督の最新作品、映画『天気の子』の新映像「後報」が2019年8月4日に公開されました。楽曲は、RADWIMPSの「大丈夫(Movie edit)」を使用。

 
映像では、物語の中でも特に重要となるシーンが公開。
 
RADWIMPSの疾走感のある楽曲「大丈夫(Movie edit)」をBGMに、晴れ渡る青空で、主人公・帆高(ほだか)が叫び、ヒロイン・陽菜(ひな)に手を伸ばすシーンで、心揺さぶられる仕上がりとなっています。
 
今回新たに公開された映像は、8月9日から新たに全国の劇場で流れる予定です。
 
映画『天気の子』は、公開11日目で動員300万人、興収40億円を突破。2016年に公開された前作『君の名は』(最終興収250.3億円)を上回る好調ぶりです。公開18日間で動員440万人、興行収入は60億円を突破する見込みです。
 
新海監督による原作小説『天気の子』が、オリコン週間文庫ランキングで1位を獲得。ロックバンド「RADWIMPS」による主題歌「愛にできることはまだあるかい」&アルバム「天気の子」はオリコン週間デジタルランキングでダブル1位を達成し、4冠を果たしています。

映画『天気の子』

映画『天気の子』予報①
映画『天気の子』予報②
映画『天気の子』スペシャル予報
2019年7月19日公開予定
映画『天気の子』後報

"僕"と"彼女"だけが知っている、世界の秘密についての物語。

2016年に公開され国内興行収入は250.3億円突破し記録大ヒットとなったアニメ映画『君の名は。』から3年。新海誠監督の新作映画『天気の子』2019年7月19日公開。音楽は前作と同様「RADWIMPS」が担当。

あらすじ
「あの光の中に、行ってみたかった」 家出をし田舎から東京にやってた男子高校生・森嶋帆高(声=醍醐虎汰朗)。
 
「そろそろ節約しなきゃなぁ...」東京に知り合いもおらず生活は困窮していく。そんな中、小さなオカルト編集プロダクションを営む須賀圭介(声=小栗旬)の元でライターをしながら住み込みで働くことに。
 
連日雨が降り続けるある日、帆高は、アルバイトをしながら弟と2人で暮らしているという17歳の少女・陽菜(声=森七菜)と出会う。
 
「ねぇ、今から晴れるよ」そう言いながら彼女が祈ると、雲は裂け雨音は止み、眩い光が降り注ぐ。
 
陽菜は、天気を変えられる不思議な力を持っていた――。
 
天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。

『天気の子』ラスト結末までのネタバレあらすじ※視聴前の方は注意 

キャスト・スタッフ

原作・脚本・監督 新海誠
音楽  RADWIMPS
声の出演

森嶋帆高(醍醐虎汰朗)
天野陽菜(森七菜)
須賀圭介(小栗旬)
夏美(本田翼)
冨美(倍賞千恵子)
天野凪(吉柳咲良)
安井(平泉成)
高井(梶裕貴)

キャラクターデザイン 田中将賀
作画監督 田村篤
美術監督 滝口比呂志 
製作 「天気の子」製作委員会  
制作プロデュース STORY inc.  
制作 コミックス・ウェーブ・フィルム
配給 東宝   
公式サイト、SNS 映画『天気の子』公式サイト
映画『天気の子』公式Twitter

▽映画『天気の子』の動画サービス配信状況(表は左右にスクロールできます)
U-NEXT
月2,149円
Hulu
月959円
dTV
月540円
FOD
月959円
Netfrix
月864円〜
 
Prime
ビデオ

月500円
ビデオ
パス

月562円
ビデオ
マーケット
月500円〜
楽天
TV 
月2,149円
 GyaO!
月額無料
Tver
月額無料
Paravi
月額999円
ツタヤ
TV
月額1,008円
dアニメ
ストア
月額無料
YouTube
ムービー
月額無料
 - - - - - -      

新海誠監督 新作アニメ『天気の子』 あらすじ・声優・キャラクターを紹介。予告映像も。♫RADWIMPS

2019.07.09

新海誠監督 アニメ映画『天気の子』関連記事