無料で利用できるCND CloudFlare(クラウドフレア)の設定方法

無料で利用できる、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービス、Cloudflare(クラウドフレア)の設定方法を説明します。

CDNとは?

CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)です。CNDとはユーザーのリクエストに対して最適なサーバーからコンテンツを配布する負荷分散サービスです。ページを表示速度をアップさせる効果を期待できます。

Cloudflareとは?

https://www.cloudflare.com/

Cloudflare – The Web Performance & Security Company | Cloudflare

Cloudflareとは無料で利用できる、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスです。
読み方は「クラウドフレア」です。Cloudflareはサーバー転送量の負荷減らす目的で利用します。

  • 利用料金:無料

CloudFlare の設定方法の流れ

CloudFlare の設定は以下の流れで行います。

  1. CloudFlare のアカウント登録
  2. DNSレコードのスキャン
  3. ネームサーバーの変更

CloudFlare のアカウント登録

まずは Cloud Flare のホームページにアクセスします。
メールアドレス、パスワードを入力し、「Sign up now ! 」をクリックします。

CloudFlare-1

CloudFlare のアカウント作成画面が表示されるので、メール、パスワードを確認後、「Create Account(アカウント作成)」をクリックします。

CloudFlare の設定

WEBサイトのドメインを入力し、「Scan DNS Records」をクリックします。

 

次の画面が表示され、DNSレコートのスキャンが開始されます。少し時間かかるので、終わるまで待ちます。

CloudFlare-4

スキャンが完了したら、画面右下の「Continue」ボタンをクリックします。

CloudFlare-5

すりと、取得したDNSレコードが表示されます。

CloudFlare-6

画面右下の「Continue」ボタンをクリックします。

スポンサーリンク

CloudFlare-7
すると「プラン選択画面」が表示されます。
今回は無料プランを使うので、「Free Website」を選択し、画面右下の「Continue」ボタンをクリックします。

CloudFlare-8

ネームサーバーが表示されます。
ここで表示された、ネームサーバーを設定に使います。画面は開いたままにしておいてください。

CloudFlare-9

レンタルサーバーの設定

レンタルサーバー側で設定を変更します。ここでは、ムームドメインを例に説明します。
ムームドメイン以外の場合、各社のヘルプページを参照してください。

ムームドメインのログインページにアクセスし、ID、パスワードを入力してログインします。

CloudFlare-10

左のメニューのドメイン操作➔ネームサーバ設定変更➔対象ドメインのネームサーバ設定変更をクリックします。

CloudFlare-11

先程、CloudFlareで確認したネームサーバーを設定し、「ネームサーバー設定変更」をクリックします。

CloudFlare-12

「ネームサーバーの設定変更を行ってもよろしいですか」という確認画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

ネームサーバーの設定変更が完了しました。画面下の「戻る」をクリックしてください。

 

CloudFlare-13

設定が変更がされたことが確認できます。

CloudFlare-14

CloudFlareに戻り、「Continue」をクリックしてください。

CloudFlare-15

「Recheck Nameservers」ボタンをクリックします。

CloudFlare-16

画面が緑に変わり「Status: Active」と表示されば設定は成功です。

CloudFlare-17

最後に

無料で利用できる、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービス、Cloudflare(クラウドフレア)の設定方法を説明しました。

スポンサーリンク