iOS 13新機能・アップデート内容まとめ

Appleは6月4日、世界開発者会議「WWDC19 Keynote」で、iOS 13を発表しました。

iOS 13は、2019年秋頃にリリース予定です。

iOS 13新機能・アップデート内容

  • 新しい外観「ダークモード」登場
  • Appleマップに「Look Around」機能追加。高解像度3D写真で街を見渡せる。
  • 個人情報データ管理の向上
  • ソーシャルログイン「Sign in with Apple」登場。FaceID(顔認証)に安全にサインイン。
  • HomeKitのセキュリティカメラがさらにセキュアに
  • メッセージにアバター設定できる
  • カメラ機能の強化。自然で洗練された見栄えに表情に編集できる
  • 「写真」機能の強化。機械学習機能でライブラリ全体から最高の写真を自動で選べる
  • Siriの声がより自然になり、種類増加
  • 音声だけでiPhone、iPad、Macを操作
  • CarPlayの強化。新しいホーム画面やSiriからの提案を搭載
  • 「ファイル」アプリケーションではiCloudドライブ共有や、外部ストレージデバイスのファイルにアクセス
  • 「ヘルスケア」アプリケーションに、女性の月経周期確認、視覚化、予測機能搭載
  • スマートスピーカー「HomePod」は家族の声を聞き分けることができるに
  • Xboxコントローラ、PS4コントローラに対応

iOS 13の新機能 アップデート内容

iOS 13には、iPhoneのダークモード、写真のブラウズと編集を行う新しい方法、アプリケーションとウェブサイトへの新しいサインイン方法、まったく新しいマップなどが搭載されています。

ダークモード登場。新しい外観。

iPhoneの新しい外観としてダークモードが搭載されます。

ダークモードは、AppleのPC用OSでは「mac OS mojave」へのアップデート新機能として搭載されています。

Appleマップに「Look Around」機能追加。高解像度3D写真で街を見渡せる。

新しいAppleマップでは、ベースマップの再構築のために、累計およそ640万kmを走行。住所の正確性や土地情報データのすべてが向上しています。

新機能「Look Around」では、新しいベースマップと高解像度3D写真を利用。都市の街路までの美しい画像を、スムーズにシームレスに表示します。

新機能としては、お気に入りのストラン、旅行先、お店を友人と簡単に共有できる「Collections」や自宅、会社、学校などよく行く行き先を起動画面からタップで道案内してくれる「お気に入り」などが追加されました。

新しいAppleマップは、すでに米国の一部の州と都市で利用可能。2019年末までに米国全土で、2020年からは全世界でも利用できるようになる予定です。

個人情報データ管理の向上

位置情報の収集方法が変更。位置情報がサードパーティーアプリに共有されるとき、その方法を知ることができます。

ソーシャルログイン「Sign in with Apple」登場。FaceID(顔認証)に安全にサインイン。

SNSなどに、FaceID(顔認証)でサインインできる「Sign in with Apple」機能を搭載。個人情報の漏洩を防ぎ安全にサインインできます。

HomeKitのセキュリティカメラがさらにセキュアに

新システム「HomeKit Secure Video」では、セキュリティビデオのプライバシーの安全性が強化されています。

メッセージにアバター設定できる

メッセージが誰から送信されたのか、「アバター」で簡単に確認できるように。アバターには、Animoji(アニ文字)を設定することもできます。

アバターや名前を見ることができる人の制限も可能に。

カメラ機能の強化。自然で洗練された見栄えに表情に編集できる

iOS 13では、ポートレートのライト機能が向上。光を近付けて目の輝きを増したり顔の表情を明るく自然にしたりす、光を遠ざけて微妙で洗練された見栄えにすることができます。

新しい「High-Key Mono」効果を使うと、ポートレートモードの写真に美しくモノクロ的な効果を出せます。

「写真」機能の強化。機械学習機能でライブラリ全体から最高の写真を自動で選べる

写真アプリケーションは、デバイス上の機械学習機能を利用し、ライブラリ全体から最高の写真を選び出してくれます。

似たような写真を撮影してしまったときに、機械学習でそれを見つけて一括削除してくれる機能を搭載。ストレージ容量の節約ができます。

Siriの声がより自然になり、種類増加

音声アシスタント「Siri(シリ)」の声がより自然になり、種類も増えました。また、SiriショートカットにAutomations(自動化の提案)の機能が追加され、出勤やジムへ行くなどの日常のパーソナルな行動をサポートします。

音声だけでiPhone、iPad、Macを操作

音声だけでiPhone、iPad、Macを操作できるようになります。音声コントロールは最新のSiriの音声認識テクノロジーを採用しているため、テキスト変換と編集機能がより正確になります。

メモ

「メモ」には、新しいGallery View、強力な共同制作を支援する共有フォルダ、新しい検索ツール、チェックリストオプションなどの機能が追加されました。

iOSキーボードでの片手入力を簡単にする「QuickPath」

QuickPathは、単語の文字を連続的にスワイプする方法を採用した、iOSキーボードでの片手入力を簡単にする機能です。

「ファイル」アプリケーションではiCloudドライブ共有や、外部ストレージデバイスのファイルにアクセス

ファイルアプリケーションでは、iCloudドライブでフォルダを共有したり、SDカードやUSBフラッシュドライブなどの外部ストレージデバイスのファイルにアクセスできるようになります。

「ヘルスケア」アプリケーションに、女性の月経周期確認、視覚化、予測機能搭載

ヘルスケアアプリケーションには、聴覚機能をモニタリングする機能や、女性の月経周期を確認、視覚化、予測する新しい機能が追加されます。

Face ID(顔認証)のロック解除が速く

iOS 13では、Face ID(顔認証)のロック解除が速くなります。Face ID(顔認証)は、iPhone X/XS/XS Max/Xrに搭載されています。

Face ID(顔認証)の対応デバイス

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone Xr
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • iPod touch(第6世代)
  • iPod touch(第7世代)
  • iPad

source:Apple、iOS 13をプレビュー – Apple (日本)
source:iOS 13 Preview – Features – Apple

CarPlayの強化。新しいホーム画面やSiriからの提案を搭載

iPhoneの機能を車を通して利用できる「CarPlay」が大幅にアップデート。新しいホーム画面やSiriからの提案を搭載します。

HomePodは家族の声を聞き分けることができるに

スマートスピーカー「HomePod」は家族の声を聞き分けることができるになりました。

Xboxコントローラ、PS4コントローラに対応

Xboxコントローラ、PS4コントローラに対応します。

:iOS 13 Preview

開発者会議「WWDC19」では、tvOS 13のXboxコントローラ、PS4コントローラ対応の発表された。Appleのページ「iOS 13 Preview」を見るとiOS 13のコントローラー対応も確認できる。

iOS 13の対応デバイス

iOS 13 のiPhoneのアップデート対応機種はiPhone 6s以降。Phone 5s/6/6 Plusは非対応です。

iPod touchは、2019年5月に発表された「iPod touch(第7世代)」に対応。iPod touch(第6世代)ではアップデートできません。

iPadは、専用OS「iPadOS」がリリースされるため、iOS 13は非対応となります。

iOS 13の対応デバイス

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone Xr
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • iPod touch(第6世代)
  • iPod touch(第7世代)
  • iPad

source:Apple、iOS 13をプレビュー – Apple (日本)
source:iOS 13 Preview – Features – Apple