WEBサイトの表示速度を測定する方法 「PageSpeed Insights」の使い方

ユーザーの利便性や検索順位に影響に与える要素の一つWebページの読み込速度。

Webサイトの表示速度が遅いと、ユーザーが離脱してしまう原因にもなります。

WEBサイトの表示速度をチェックする方法を二つご紹介します。

  • Google PageSpeed Insights
  • Googleアナリティクスの「サイトの速度」

WEBサイトの表示速度が大切な理由

ユーザーの使い勝手

WEBサイトの表示速度を確認する最も大きな理由は、ユーザーの使い勝手のためです。

検索結果上位表示のアルゴリズムのひとつ

Googleの検索結果は、さまざまな要因により決まります。

Webページの読み込み速度もアルゴリズムのひとつ。

2018年7月11日には、デスクトップ検索だけでなくモバイルの検索順位の要素として読み込みスピードが使われるようになりました。

Webページの表示速度を確認できる無料ツール「Google PageSpeed Insights」

Webページの表示速度を確認できるGoogle公式無料ツール

「Google PageSpeed Insights」は、Webページの表示速度を確認できる無料ツール。

WebサイトのURLを入力するだけでカンタンにチェックできます。

PC・モバイルサイトの分析を点数で確認

PC・モバイルサイトの速度を点数で確認できます。

要修正
黄色 修正を検討
修正不要

Google PageSpeed Insights の使い方

Google PageSpeed Insightsにアクセスし、WebサイトのURLを入力し、「分析」をクリックします。

WebサイトのURLを入力し、「分析」をクリック

WebサイトのURLを入力し、「分析」をクリック

すると、WEBサイトの速度の分析結果が表示されます。
モバイルと、パソコンの両方を確認できます。

モバイル

モバイルでの表示速度の分析結果が点数で表示されます。

スポンサーリンク

Google_PageSpeed_Insights_モバイル

パソコン

パソコンでの表示速度の分析結果が点数で表示されます。

Google_PageSpeed_Insights_パソコン

Googleアナリティクスの「サイトの速度」で表示速度を調べる

Googleアナリティクスで調べる方法について解説します。

Googleアナリティクスとは、主にWEBサイトへのアクセス数を調べる目的で使うgoogleの公式ツールです。
利用にはアカウント登録が必要です。アカウント登録はGoogleアナリティクス公式サイトから行ってください。

GoogleアナリティクスでWEBサイトの表示速度を調べるには、次の手順を確認します

Googleアナリティクスにログインし、左メニューの行動➔サイトの速度をクリックします。
すると、画面の右側に、「サイト速度のサマリー」が表示されます。

Googleアナリティクスの「サイトの速度」

この中特に着目するのは、「平均読み込み時間」です。単位は「秒」です。
Googleアナリティクスでは、すべてのアクセスの読み込み時間を調べているわけではく、
全体のうち、いくつかサンプルをとり、速度を調べています。

Googleアナリティクス 平均読み込み時間

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です