Pythonの仮想環境 venv

Pythonの仮想環境 venvとは?

venv(ブイエンブ)とは、ディレクトリごとに独立した、Python環境を仮想環境を用意できる機能です。

Pythonの仮想環境 venvの使い方

iTerm2もしくは、ターミナルを起動

iTerm2もしくは、ターミナルを起動します。

 

仮想環境の準備

mkdir」コマンドで「my_venv」というディレクリを作成します。

$ mkdir my_venv

作成したディレクリに「cd」コマンドで移動します。

$ cd my_venv

仮想環境の作成

フォルダの中にPython仮想環境を作成します。「python -m venv env」コマンドを実行します。
コマンド実行後時間がかかることがあるので待ちます。

$ python -m venv env

仮想環境の有効化

以下のコマンドを実行し、Python仮想環境を有効化します。

$ source env/bin/activate
(env) [マシン名]:my_bottle [ユーザ名]$

仮想環境が有効 にプロンプトの先頭が「(env)」と表示されます。