WordPressをコマンドで操作!WP-CLIをインストールする方法

もっと効率的にWordPressの操作をしたいと思ったことはありませんか?
「WP-CLI」を導入すれば、ブラウザ無しでコマンドでWordPressを操作できるようになります。
WordPressをコマンドで操作できるツールWP-CLIのインストール方法を解説します。

WP-CLIとは?

http://wp-cli.org/

WP-CLI: Command line interface for WordPress

WP-CLIとはコマンドラインでWordPressnの操作を行えるツールです。
Wordpressの管理画面を開くことなく様々な作業できます。
WP-CLI

  • WordPressのダウンロード
  • インストール
  • 各種設定
  • WordPressテーマやインストール
  • WordPressプラグインのインストール

なぜ、WP-CLIを使うのか?

ブラウザ無しでコマンドでWordPressを操作できスピーディーにWordPressサイトの開発を進めることができます。

WordPressの管理画面から作業する場合、テーマのインストール、必要のプラグインの追加など、順番に一つ一つ進めなければいけません。
WP-CLIを使えば、こうした作業をまとめて処理することができます。

それには、WP-CLIのコマンドをバッチファイル化します。
バッチファイル化とは、複数のコマンドをまとめるて1つのテキストファイルにすることです。
インストールや設定作業をテンプレート1つのコマンドで実行できようテンプレート化できます。

WP-CLIの動作環境

事前に、WP-CLIの動作環境を確認してください。

  • UNIX 系の環境 (OS X, Linux, FreeBSD, Cygwin); Windows では一部の機能に制限あり
  • PHP 5.3.29 以降のバージョン
  • WordPress 3.7 以降のバージョン

WordPressのバージョン確認方法

WordPress管理画面のダッシュボードに「概要」でバージョンを確認することができます。

PHPのバージョンを確認する方法

PHPのバージョンを確認するには、SSHでサーバに入り、下記のコマンドを実行します。

php -v
PHP 5.6.31 (cli)

参考:MacのターミナルからレンタルサーバーMixhostにSSH接続する方法

WP-CLIのインストール方法

WP-CLIを使えるようにするためにインストール方法について説明します。環境によってインストール方法は異なります。

レンタルサーバーにWP-CLIを設置する

レンタルサーバーMixHostを例にWP-CLIを導入する方法を説明します。
通常、レンタルサーバーでは管理者権限として、「sudo」でのコマンド実行はできません。
そのため、WP-CLIの公式サイトに書かれている方法とは少しやり方が異なります。

なお、ここでは、各コマンド説明は省略していますので、詳しくは「WordPressをコマンドラインで操作! レンタルサーバーMIxhostにWP-CLIをインストールする方法」を参照してください。

ssh ユーザ名@接続先のホスト名(IPアドレス)

mkdir bin 
cd bin
curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
chmod +x wp-cli.phar
vi .bashrc
alias wp 'php ~/bin/wp-cli.phar'
$. ~/.bashrc

wp cli version
WP-CLI 1.3.0

WP-CLIのアップデート方法

WP-CLI をアップデートするには、インストール方法を再度行うか、「wp cli update」 を実行します。

wp cli update
 Success: WP-CLI is at the latest version.

コマンドを実行すると、すでに最新版になっている場合は、「latest version.」と表示されます。

WP-CLIのタブ補完の設定方法

WP-CLIを、より便利に使うため、タブ補完の設定をします。
タブ補完とはコマンドを途中まで入力したところで、キーボードの「TAB」キーを押すとコマンドが補完される機能のことです。
そのため、コマンドの全てを入力する必要がなく、効率的に作業できます。

テキストエディタ「vi」で設定ファイル「.bash_profile」に書き込みます。

vi ~/.bash_profile

キーボードの「i」キーを押して「インサートモード」に切り替えたら、以下を記入します。

# bash completion for the `wp` command

_wp_complete() {
    local OLD_IFS="$IFS"
    local cur=${COMP_WORDS[COMP_CWORD]}

    IFS=$'\n';  # want to preserve spaces at the end
    local opts="$(wp cli completions --line="$COMP_LINE" --point="$COMP_POINT")"

    if [[ "$opts" =~ \<file\>\s* ]]
    then
        COMPREPLY=( $(compgen -f -- $cur) )
    elif [[ $opts = "" ]]
    then
        COMPREPLY=( $(compgen -f -- $cur) )
    else
        COMPREPLY=( ${opts[*]} )
    fi

    IFS="$OLD_IFS"
    return 0
}
complete -o nospace -F _wp_complete wp

「control+C」ノーマルモードに切り替え、「:wq」で保存して終了します。

「~/.bashrc」 の再読込を行います。

source ~/.bash_profile

これで、WP-CLIのタブ補完の設定は完了です。

最後に

WordPressをコマンドラインで操作できるツールWP-CLIをインストールする方法を説明しました。

WP-CLIの使い方は、「WordPressをコマンドで操作! WP-CLIの使い方」を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です