Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

googleアナリティクスで分析するとき、アクセス数を除外する方法を説明します。
googleアナリティクスの初期設定では、自分が自分のWebサイトにアクセスしたときも訪問数としてカウントされます。除外して正確に集計できるようにしましょう。

googleアナリティクスとは?

GoogleアナリティクスとはWEBサイトへのアクセス数を調べることができる高機能なグーグルの公式ツールです。
googleアナリティクスの詳しい導入方法は「WordPressにアクセス解析ツールGoogle Analyticsを設置する設定方法」を参考にしてください。

なぜ、自分のアクセスを除外するのか?

ネットショップやWEBのサイト運営者はたびたび自分のサイトにアクセスしチェックする機会は多いでしょう。
googleアナリティクスの初期設定では自分がサイトに訪問したときも、アクセス数にカウントされてしまいます。

自分のアクセス数がカウントされてしまっては、WEBへのアクセス数を分析する上で正確性に欠けます。
そのため自分のアクセスを除外するための設定を行わなければいけません。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を2つ紹介します。

  • IPアドレスを指定して除外する
  • プラグインを使って除外する

それぞれについて解説します。

IPアドレスを指定して除外する

Googleアナリティクスには、フィルタ設定の機能があります。
フィルタ設定で自分のIPアドレスを除外することができます。

IPアドレスを確認

まずは、自分のIPのアドレスを調べます。
確認する方法はいくつかあるのですが、ここでは2つ紹介します。

グローバルIPアドレス確認方法 その1

サーバー監視/ネットワーク監視サービスにアクセスします。
すると、IPアドレスを確認することができます。
このIPアドレスをコピーします。

グローバルIPアドレス確認方法 その2

ターミナルのコマンド入力で、グローバルIPアドレス確認する方法です。
Macなら「ターミナル」といってコマンドでパソコンを操作するためのツールがあらかじめ備わっています。
ターミナルはアプリケーション➔ユーティリティフォルダにあります。

ターミナル

以下のコマンドを入力し、enterキーを押すとグローバルIPアドレスを確認できます。

$ curl ipecho.net/plain; echo

※コピー&ペーストする場合、先頭の「$」部分は除外してください。

ターミナル-2

これでIPアドレスの確認ができました。

Googleアナリティクスに除外するIPアドレスを設定

IPアドレスが確認できたら、次にGoogleアナリティクスでフィルタ設定を行います。

Googleアナリティクスにアクセスします。
画面左下の「管理ボタン」(歯車のマーク)をクリック後、「フィルタ」をクリックします。

スポンサーリンク

google-analytics-ip3

「フィルタを追加」をクリックします。

「ビューにフィルタを追加」画面が表示されるので、以下の通りに設定します。

  • ビューにフィルタを適用する方法を選択:「新しいフィルタを作成
  • フィルタ名:任意の名前をつけます。 例)自分のIPアドレスを除外
  • フィルタの種類:「除外」、「IPアドレスからのトラフィック」、「等しい」を選択します。
  • IPアドレス:確認したIPアドレスを入力

入力後、「保存」をクリックします

IPアドレスの除外設定は以上です。

クロームのプラグインを使って除外する

グーグルクロームのプラグイン(拡張機能)を使って除外する方法です。

Google Analytics オプトアウト アドオンというプラグインを使います。

追加手順

「クロームに追加」をクリック

「拡張機能を追加」をクリック

ブラウザの上部メニューにアイコンが追加されます。

プラグインのデメリット

拡張機能を追加したブラウザからアクセスしたときに除外されるため、
スマホやタブレットからの自分のサイトへのアクセスは除外できません。

最後に

googleアナリティクスで自分のアクセスをIPアドレスでフィルタし除外する方法を説明しました。

スポンサーリンク