独自ドメインを取得する方法(ムームードメイン)

「ムームードメイン」でドメインを取得する手順について初心者向けに説明します。

ドメインとは?

ドメインとはWEB上でのあなたのサイトの住所のようなものです。レンタルサーバーを契約すると、無料で割り振られるドメインがありますが、ぜひ独自のドメインを取得しましょう。

ドメインの種類

  • 独自ドメイン
    • 海外ドメイン
    • 日本語ドメイン
  • 中古ドメイン
  • 無料ドメイン

トップレベルドメイン(TLD)は何を選ぶ?

トップレベルドメインとは?「◯◯.com」のうち、「.com」の部分です。
いよろしくお願いいたします。
トップレベルドメインの一例をあげると以下のようなものがあります。

  • ◯◯◯.com
  • ◯◯◯.net
  • ◯◯◯.jp
  • ◯◯◯.co.jp
  • ◯◯◯.xyz
  • ◯◯◯.biz

個人の趣味サイトで、「誰に見てもらうことを全く想定」していないという場合をのぞいては、馴染みにあるトップレベルドメインを取得することをおすすめします。

具体的にはそれぞれ以下がオススメです。

法人の場合は、「.co.jp」「jp」「.com」
個人の場合は、「jp」「.com」「.net」

ドメインの価格は「.xyz」、「site」など安いのですが、上記に比べると閲覧したとき、違和感を感じるはずです。

実際に、上位のサイトが採用しているのは、「com」「.co.jp」です。
以下は、アレクサランキングと言って、日本のサイトのアクセス数のランキングです。
googleやyahoo、Amazon、youtubeなど、名だたるサイトが採用しているのも「com」「.co.jp」です。

ちなみに、当サイトのトップレベルドメインも「com」を選んでいます。

出展 アレクサ

トップレベルドメイン(TLD)のSEO効果は?

上位のサイトが採用しているトップドメインの「com」や「.co.jp」と言いましたが、
これらのドメインを使っているから上位表示されているということはありません。

2016年6月に行った、Googleとウェブマスターとのリアルタイムチャットイベント内で、
Googleのスポークスマン、John Mueller(ジョン・ミューラー)もTLDのSEO効果は関係がないと答えています。

ドメインはどこで取得するのか?

独自ドメインを取得するために、ドメイン販売業者から購入します。
「エックスサーバー」など、レンタルサーバー会社とレンタルサーバーの提供とドメインの販売も両方行っているサービスを使えば、管理を一元化できるメリットはありません。

今回は、ムームードメインというサイトで取得する手順をご紹介します。

ドメインの取得の流れ

ドメインの取得は以下の流れで行います。

スポンサーリンク

  1. ドメインを決める
  2. ドメインを検索する
  3. ドメインの設定

ムームードメインの取得方法

「ムームードメイン」のドメインを取得する方法を説明します。

ムームードメインにアクセスします。
ドメインを検索します。

すると、使用可能なドメイン一覧が表示されるので、取得したいドメイン名の「○」をクリックします。

ムームードメインのアカウントを持っている場合ははムームーIDとパスワードを入力し、「ログイン」クリックします。
アカウントがない場合は、「新規登録」から手続きします。

ドメイン設定

新規登録およびログインをすると、ドメインを取得するための手続きに画面に移動します。

  • Whois公開情報:「弊社の情報を代理公開する」
  • ネームサーバ(DNS):「今はまだ使用しない」

ムームーメール

不要なので、チェックは外れた状態のままでかまいません。

お支払い方法の選択

ドメインの契約年数と支払い方法を選択します。
支払い方法は、「クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込、papal」が利用できます。

内容を確認

申し込み内容の確認画面が表示されるので、内容を確認しましょう。

連携サービスの選択

連携サービスが表示されますが、不要なので「次のステップへ」をクリックします。

「取得する」をクリックします。

「ドメインを取得しました!」と表示されればOKです。

ムームードメインから以下のメールが届きます。
件名:【ムームードメイン】ご契約完了のお知らせ
大切なメールなので、補完しておきましょう。

以上でムームドメインでドメインの取得は完了です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です