WordPressで目次を自動生成できるプラグイン Table of Contents Plus

スポンサードリンク

WordPressのブログを見ているとよく目次を目にするとがありませんか?
ワードプレスプラグイン「Table of Contents Plus」を使うと以下のような目次をカンタンに作成できます。
Table of Contents Plus のインストール方法を使い方を解説します。

なぜ、目次が必要か?

訪問者がサイトに訪れたとき、目次があれば記事に書かれていることを予め俯瞰(ふかん)できます。
あらかじめ記事の全体像を把握できるため、書かれている内容を理解してもらいやすくなります。

目次を設定する前に

まず、見出しタグ「H1〜H6」を正しく使っていることを確認してください。
ただ単に大きく表示させたい個所を、強調したい個所を「H1」といった使い方をしていると、
構造がチグハグになる。目次の意味がありません。

Table of Contents Plusのインストール方法

「Table of Contents Plus」はWordPressのプラグイン(拡張機能)です。
以下の方法でインストールと有効化を行います。

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Table of Contents Plus」で検索します。

「有効化」をクリックします、

これで、Table of Contents Plusのインストール&有効化が完了しました。

Table of Contents Plusの設定

続いて、Table of Contents Plusの設定を行います。

Table of Contents Plusの設定メニューへのアクセス

WordPress管理画面 > 設定 > TOC+をクリックします。

Table of Contents Plusの設定

デザインは全部で6パターンです。
設定メニューで様々なカスタマイズできます。

貼り付けた画像_2017_05_02_3_06

位置

見出しの表示位置を以下4つの中から選びます。

  • 最初の見出しの前(デフォルト)
  • 最初の見出しの後
  • 上(記事タイトルの下)
  • 下(記事の一番下)

おすすめは、「最初の見出しの前(デフォルト)」です。
目次の目的は記事の内容の全体像を俯瞰(ふかん)してもらうことですので、この位置がもっとも適しています。

表示条件

hタグの見出しの数によって、表示させるかどうかの設定です。
おすすめ設定は、「2〜3」です。

以下のコンテンツタイプを自動挿入

使用しているWordpressテーマによって、表示内容が異なります。
通常は、「記事ページ」のみです。

  • post 投稿記事
  • page 固定ページ
  • custom_css カスタムCSS
  • cta
  • lp

設定が完了したら、「設定更新」をクリック保存します。

「上記者向け設定」でH3タグまで表示させる

初期の設定では、はH1〜H6まですべて目次に表示させる設定になっています。
以下のみてください、H4意向の細かい見出しまで表示させれると、項目が増え見づらくなってしまいます。
目次に表示させるタグはH3タグ程度までがオススメです。

表示させるタグの設定は「上級者向け」から行います。。
h3,h4、h5をはずします。

「設定を更新」をクリックして保存します。

再度同じページを確認します。先程と比べたら目次が見やすくなりました。

表示を確認

うまく設定できているか、記事を確認してみましょう。
表示を確認すると目次ができていることが確認できます。

特定の記事を非表示にするには?

基本的は全記事に目次設定をしておき、特定の記事だけ目次を非表示にすることもできます。

まずは設定を確認します。
post(記事)、page(固定ページ)にチェックが入っていると全記事が目次に表示されてる状態です。



後は、目次を非表示にしたい記事にと書きます。
場所は記事中のどこでもかまいません。

ページの表示を確認すると、その記事は、目次が表示されなくなります。

 

 

最後に

WordPressで目次を自動生成できるプラグイン Table of Contents Plus のインストール方法を使い方を解説しました。

Table of Contents Plus使うと記事の目次を簡単に作成できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク



コメントを残す

*