対応必須!レンタルサーバーMixHostでWordPressを常時SSL対応(HTTPS化)する方法

WordPressサイトのSSL化対応していますか?
SEO(検索エンジンに上位表示させるための施策)とセキュリティのため、必ずSSL化することをおすすめします。

レンタルサーバーMixHostではWordPressサイトを簡単にSL対応(HTTPS化)することができます。
MixHostではSSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料で利用できます。

SSL化の手順を説明します。

常時SSL化とは?

常時SSL化とは、すべてWebページを暗号化することです。
常時SSL化すると、Webサイトのトップページから、暗号化された安全なコンテンツであることを示すアドレスの「HTTPS」が表示されます。

HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure) は、HTTPによる通信を安全に(セキュアに)行うためのプロトコルおよびURIスキームである。
厳密に言えば、HTTPS自体はプロトコルではなく、SSL/TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でHTTP通信を行うことをHTTPSと呼んでいる。
出展:wikipedia

なぜ、WEBサイトの常時SSL化が必要か?

それではなぜ、常時SSL化が必要なのでしょうか?
その理由は主に次の2つです。

  • SEO有利に働く
  • セキュリティの向上のため

SSL化することで、検索ユーザーはより安全にWEBサイトを利用することができます。
グーグルの公式ブログ「Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します」でもアナウンスされています。

上記のGoogle発表の内容を要約すると、「SSL化されたWebサイトをSEOの評価として優遇する」という趣旨のことが書かれています。
ただし、検索順位は複合的な要素により決まるため、SSL化したからと言って劇的に順位があがるわけではありません。

googleは検索ユーザーとって、より価値のあるコンテンツを上位表示することを目指しています。
WEBサイトがセキュリティ対策を行っている=検索ユーザーにとって、価値があるということです。

Mixhostで独自ドメインをSSL化する主な手順

レンタルサーバーMixhostでは簡単にWEBサイトのSSL化を行うことができます。
MixhostでWordPressサイトを常時SSLにするための大まかな流れは以下です。

なお、独自ドメインの設定済であることを前提に説明します。
参考:レンタルサーバーMixhostで独自ドメインを設定する方法

  1. SSL設定の反映を待つ
  2. ブラウザでURLをhttpsに変更する
  3. WordPressのアドレス設定を変更する
  4. リダイレクト設定をする
  5. コンテンツの内部リンク等を変更する

SSL設定の反映を待つ

独自ドメインを追加して、ネームサーバーの変更手続きを行った後、24~72時間程度待つ必要があります。
ネームサーバーを設定後、SSL設定が反映されるまで時間がかかります。

httpsで正常にアクセスできるか確認

ネームサーバの変更から時間がたったら(24~72時間程度)
httpsアドレスにアクセスし正常に表示できるか確認します。
ブラウザから「https://~」から始まるURLにアクセスします。

当サイトのURLを例にすると、「https://hajipro.com/」➔「https://hajipro.com/」です。

アドレスにアクセスして、正常にWEBサイトが表示されればOKです。

スポンサーリンク

エラーが発生した場合は?

もし、まだSSL設定が反映されていない場合は、ブラウザでエラーが発生します。
その場合、時間を空けて再度試してください。

WordPressのアドレス設定を変更する

「https://~」でアクセスできることを確認したら、次にワードプレスでの設定を行います。

WordPressにログインし、左のダッシュボードメニューから「設定」→「一般」を選択します。

ここで設定を変更します。
「Wordpressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を
「https」から始まるアドレスに変更します。

入力後、「変更を保存」をクリックします。

WEBサイトが正常にアクセスできるか確認

WEBサイトに正常にアクセスできるか再度確認しておきましょう。

問題なく表示できていればOKです。
以上でWordPressのSSL対応設定は完了です。

WordPress内部リンクをhttpsへの置き換え

WordPressサイトを途中からSSL対応させた場合、記事内の画像が「http://」から始まるURLで読み込まれるケースがあります。
この場合、ブラウザで確認すると、「このサイトの接続は安全に保護されていません。」表示されてしまいます。

mixhost-ssl-8

WordPressのプラグイン「Really Simple SSL」を道入すると、「http://」から「https://」への置き換えができます。

Really_Simple_SSL

有効化をクリックします。

Really_Simple_SSL-2

有効化したら、サイトを確認してみましょう。
ブラウザがクロームなら緑の文字で「保護された通信」と表示されていればOKです。

注意事項

以下の注意事項があります。

  • ドメイン認証型SSL
  • ネームサーバー変更前のドメインは、SSL証明書が発行されあい
  • ネームサーバー変更を伴う場合、通常よりもSSL証明書の発行に時間がかかる場合がある
  • 短期間で大量のドメインを追加した場合は、反映に24〜72時間以上かかる場合がある。
  • ドメイン名及びドメイン追加時に自動設定されるサブドメインが64文字を超えている場合、無料独自SSLは利用できない
  • ドメイン追加時に自動設定されるサブドメインが64文字を超えている場合は、サブドメインを短いものに変更する必要あり。
  • 特に日本語ドメイン(Punycode)での設定は、文字数をオーバーしてしまう場合がある。
  • 認証局でのSSL証明書の発行が遅延し、発行に時間かかる場合がある。

最後に

レンタルサーバーMixHostでWordPressをSSL対応(HTTPS化)する手順を説明しました。

MixHostでは複雑な手続きは不要で簡単にSSL対応ができます。
SEO(検索エンジンに上位表示させるための施策)とセキュリティのためWEBサイトはSSL化しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です