WordPressの記事をCSVファイルで更新! インポート、エクスポート

WordPressの記事をCSVファイルでエクスポートできるプラグインを紹介します。

WordPressでCSV登録・更新するには?

WordPressサイトを運営していると「記事をCSVで一括登録、編集がしたい」場合があります。
CSV編集するためにはWordPressプラグインを使います。

WordPressでCSV編集のためのプラグイン

  1. CSV Importer & Exporter(CSVインポート、エクスポート)
  2. WP CSV Exporter(CSVエクスポート)※今回の記事で紹介
  3. Really Simple CSV Importer(CSVインポート)※今回の記事で紹介

今回の記事では、2・3のプラグインを使った方法を解説します。

WordPressをCSV編集で便利になることは?

CSV編集ができれば、複数の記事の複数個所を一括で更新できます。
WordPressで記事投稿していると、過去に記事の特定の文言をまとめて、修正したい場合があります。
例えば、「ワードプレス」よりも、「WordPress」の検索数の方大きいから置き換えたいなどです。
このとき、管理画面から一個一個更新するには手間がかかります。

一旦、CSVファイルとしてダウンロードし編集すれば「置換」効率的に行えます。

事前準備

事前準備として、プラグインをインストールします。

  • CSVエクスポートプラグイン「WP CSV Exporter」のインストール
  • CSVインポートプラグインの「Really Simple CSV Importer」インストール

導入後のCSV編集の流れ

  1. WordPressからCSVエクスポート(書き出し)
  2. ローカルパソコンでCSV編集
  3. WordPressへCSVインポート(読み込み)

CSVエクスポートプラグイン「WP CSV Exporter」

「WP CSV Exporter」からワードプレスからCSVファイルでエクスポート(書き出し)できるプラグインです。

  • エクスポートする項目を選択が可能
  • 投稿、固定ページ、カスタムフィールド、カスタムタクソノミーをダウンロード可
  • 期間指定やダウンロード件数指定

WP CSV Exporterのインストール方法

ワードプレスの管理画面➔プラグイン ➔ 新規追加➔「WP CSV Exporter」で検索し、「今すぐインストール」をクリックします。

「有効化」をクリックします。

「有効化」をクリック

WP CSV Exporterのインストール&有効化が完了すると、左のツールメニュー「CSVエクスポート」が追加されます。
以上でインストール完了です。

WP CSV Exporterの使い方

WP CSV Exporterの使い方

WP CSV Exporterの使い方

左のツールメニューのツール➔「CSVエクスポート」をクリックします。

ツールメニュー➔CSVエクスポートをクリック

「ツール」➔「CSVエクスポート」

以下の画面が開きます。CSVでエクスポートする項目の設定ができます。
初期設定のままでよいので、そのままエクスポートしてみましょう。

「エクスポート投稿CSV」をクリックします。

ダウンロードフォルダにCSVファイルがエクスポートできました。

エクスポートデータを開いてみます。
MacでCSVを開くときは、あらかじめMacインストールされている、Numbers。
動作が軽量なCSVソフトとしては、Table Toolもおすすめです。

 

↓は「Table Tool」でCSVファイルを開きました。

Table Tool

Table Tool

CSVインポートプラグイン「Really Simple CSV Importer」

「Really Simple CSV Importer」のインストールと有効化

ワードプレスの管理画面➔「プラグイン」 ➔「 新規追加」➔「Really Simple CSV Importer」で検索し、「今すぐインストール」をクリックします。

スポンサーリンク

「有効化」をクリックします。

eally Simple CSV Importerのインストールできました。

これで、「Really Simple CSV Importer」のインストールと有効化は完了です。

Really Simple CSV Importerの使い方

Really Simple CSV Importerの使い方

Really Simple CSV Importerの使い方

Really Simple CSV Importerの使い方を説明します。

管理画面から「ツールメニュー」➔「インポート」➔「インポーターの実行」をクリックします。

サンプルCSVのダウンロード

サンプルCSVのダウンロードします。
「サンプルCSVのダウンロード」の右横の「csv」をクリックします。

サンプルCSVを開くと以下のようになっています。

CSVインポート方法

はじめは、動作を確かめるためのテストとして、先程のサンプルをそのまま使ってアップロードしてみましょう。

ファイルを選択します。

「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

すべて完了しました。と表示されればインポート成功です。

記事一覧に反映されました。

CSVインポートの方法は以上です。

Really Simple CSV Importerの使い方の項目一覧

項目 説明
post_id 記事もしくは割りるられるID。
新規追加の際は不要
記事の更新時は必須になりますが、
post_author 編集者の指定。
指定方法はユーザーIDもしくはユーザー名。
post_date 公開日の指定をします。
post_content 記事の本文
post_title 記事のタイトル
post_status 記事のステータスを指定する項目
よく使うステータスは

  • 公開(publish)
  • 予約投稿(future)
  • 下書き(draft)
  • 保留(pending)
  • 非公開(private)
post_name
post_category カテゴリを指定
複数登録したい場合はカンマで区切る。
post_tags タグ名を指定
複数登録しする場合、カンマで区切る
post_parent 固定ページでの「親」記事を指定
menu_order 記事の順番の指定
post_excerpt
post_type 投稿タイプの指定

  • 固定ページ(page)
  • 記事(post)

にするかを指定します。※必須項目

post_thumbnail アイキャッチ画像を指定
{custom_field} カスタムフィールドを指定
カスタムフィールドの項目記入
tax_{taxonomy} カスタムタクソノミーを指定。

修正例

修正前:WordPressのテーマをインストールする方法

修正前:WordPressのテーマをインストールする手段

活用方法は?

  • 記事の特定文字列の一括更新
  • ネットショップ用作成のためのWordPressプラグインWoocommerceで商品情報の更新
  • ワードプレスCSV、googleアナリティクスから抽出、キーワードツールから収集したデータを1画面でチェック

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です