画像最適化して高速表示! WordPressプラグイン EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方

EWWW Image Optimizer

画像最適化して高速表示させるための WordPressのプラグイン「EWWW Image Optimizer」 の設定方法と使い方を解説します。

なぜ、画像の最適化が必要なのか?

画像ファイルはテキスト(文字)データに比べて容量が大きいため、WEBサイトの表示速度が重くなってしまう原因になることがあります。
WEBサイトの動作重ければ、ユーザーが離脱する原因になってしまいます。

離脱が多ければ、ビジネスサイトでは収益にも悪影響を与えてしまします。
画像の圧縮することで、高速表示し検索ユーザーにとって使いやすいサイトを目指す必要があります。

Google PageSpeed Insights

Google PageSpeed Insights

Webサイトの速度はGoogleの無料サービスで「Google PageSpeed Insights」で簡単に計測できます。
参考:WEBサイトの表示速度の測定方法

EWWW Image Optimizerとは?

EWWW Image Optimizer — WordPress Plugins

EWWW Image Optimizerの画像を圧縮するためのWordpressのプラグイン(拡張機能)です。

  • 「一括最適化」すでにアップロード済みの画像をまとめて一括で圧縮
  • EWWW Image Optimizer有効後にアップされる画像を自動で圧縮

EWWW Image Optimizerのインストール方法

WordPress管理画面からEWWW Image Optimizerをインストールする方法

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」→「EWWW Image Optimizer」で検索し、「今すぐインストール」をクリックします。

「プラグイン」→「新規追加」→「EWWW Image Optimizer」→「今すぐインストール」

「プラグイン」→「新規追加」→「EWWW Image Optimizer」→「今すぐインストール」

インストールが終わったら、「有効化」をクリックします。

これで、EWWW Image Optimizerのインストールと有効化が完了しました。

WP-CLIでコマンドでインストールする方法

WordPressプラグインをインストールするには、コマンドを使う方法もあります。
コマンドとは文字列によるパソコンに対しての命令文のことです。
WordPressをコマンドで操作するためには、「WP-CLI」というツールの導入が必要です。
複数のプラグインを一括まとめてインストールし有効化することも可能です。
詳しくは、「WordPressをコマンドで操作! WP-CLIの使い方」を参考にしてください。

WP-CLIの導入ができたら、以下のコマンドで「WP Super Cache」をインストールと有効化ができます。

$ wp plugin install Image Optimizer

EWWW Image Optimizerの設定方法

インストールが完了すると、管理画面の左メニューの「設定」の中に「 EWWW Image Optimizer 」が追加されます。

EWWW Image Optimizerの設定画面が開きます。
設定項目は沢山ありますが、最低限必要な個所について解説します。

基本設定

基本設定では、「メタデータを削除」にチェックを入れます。

これにより、すべてのメタデータが削除されます:EXIF 、コメント、カラープロファイル、ピクセルデータではないもの。

スポンサーリンク

高度な設定

高度な設定では、「無効にする pngout」にチェックをいれます。

変換設定

「変換設定」では「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れます。

サイトまたはネットワークの管理者は、これを使用して、他のユーザーが以下の設定を迂回するメディアライブラリの変換リンクを使用できないようにすることができます。

最後に「変更を保存」をクリックしてください。

EWWW Image Optimizerの使い方 画像の一括最適化

「一括最適化」では、すでにアップロード済みの画像を圧縮できます。

管理画面のメニューから「メディア」→「一括最適化」を選択します。

一括最適化の画面が開いたら、「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

すると、画像のスキャンが開始されます。

「最適化を開始」をクリックします。

処理が開始されるので、待ちます。画像数が多い場合は時間がかかります。

「完了」と表示されれば、最適化は終了です。
「34.2% (8.6 KB ) を減少」というように、どのくらい圧縮できたのか、ファイルごとに一覧で表示されます。

アップロード済みのを画像を圧縮する方法は以上です。

EWWW Image Optimizerの使い方 新規投稿時に画像の圧縮

さきほどは、アップロード済みのを画像を圧縮する方法を説明しました。
では、今後新しく画像を追加した場合はどうなるでしょうか?

EWWW Image Optimizerをインストールし有効にしている状態で、新規に投稿したときは、自動で画像が圧縮されます。

最後に

画像最適化して高速表示するためのWordPresspプラグイン、EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方を解説しました。
検索ユーザーにとって使いやすいサイトを目指すために、画像を圧縮して最適化しましょう。

他のおすすめプラグインは「WordPressインストール後にいれておきたい、おすすめプラグイン」も参考にしてください。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です