初心者でもできる!レンタルサーバーMixhostでWordPressをインストールする方法

レンタルサーバーMixhostにWordPressをインストールする方法を初心者でもわかるよう詳しく解説します。
Mixhostでは管理画面上から簡単な操作でWordPressインストールができます。

どの項目もインストール後に変更することができるので、サイト名や適用するテーマが決まっていない場合、
とりあえずなんでもいいので埋めて手続きを進めましょう。

前提条件

WordPressをインストールするためには、事前にサーバーの申し込み、ドメイン取得、ドメイン設定まで完了済であることを前提とします。

Mixhostの管理画面cPanelにログイン

cPanelへのログイン情報の確認

Mixhostに登録したときに、Mixhostから届いているメールにログインのための、URL、ユーザー名、パスワードが記載されています。
管理画面「cPanel」へのログインURLが書かれているので、これをクリックします。

cPanelへのログイン情報の確認

cPanelへのログイン情報の確認

ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をクリック

ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をクリック

すると、cPanelにログインできました。

Mixhostでは管理画面にcPanelを採用しています。
cPanelとはサーバーの上のGUIで操作できるコントロールパネルです。
cPanelの中ではファイルのアップロードや、ドメインの設定MySQLデータベースの設定など、様々な設定が行えます。

管理画面cPanelからWordPressのインストール

cPanelの下にスクロールし、「スクリプト」中の「WordPress」をクリックします。

「スクリプト」中の「WordPress」をクリック

「スクリプト」中の「WordPress」をクリック

WordPressの案内画面が表示されたら、「Install Now」をクリックします。

「Install Now」

「Install Now」

WordPressのセットアップ画面に切り替わります。
WordPressインストールのための各種項目を設定していきます。

WordPressのセットアップ

WordPressのセットアップ

ソフトウェアセットアップ

ソフトウェアセットアップの項目では、下記を設定します。

WordPressのセットアップ

ソフトウェアセットアップ

  • プロトコルの選択
    プロトコルを選択します。
    http://からはじまるURLを指定します。
    「https://」(SSLサイト)は後から設定できます。
  • ドメインの選択
    WordPressをインストールするドメインを選択します。
    ドメインがリストに無い場合は、先に「レンタルサーバーMixhostで独自ドメインを設定する方法」を行って下さい。
  • ディレクトリ
    WordPressをインストールするディレクトリを指定します。
    通常はドメイン直下に設置するため、空欄にします。
    空欄で設定した場合は、URLは「http://example.com/」でアクセスします。
    例えば、「wpで設定した場合、URLは「http://example.com/wp/」でアクセスします。
    ただし、後者にした場合でも、「http://example.com/」でアクセスできるよう設定することも可能です。

サイト設定

サイト設定の項目では、下記を設定します。
インストールした後でも変更することができるので、サイト名、サイト説明が決まっていない場合、デフォルのままですすめましょう。

スポンサーリンク

  • サイト名
    WordPressのサイト名を設定します。
  • サイト説明
    WordPressのキャッチフレーズを設定します。
  • マルチサイトを有効にする(WPMU)
    マルチサイト機能を利用する場合はチェックを入れます。

管理者アカウント

管理者アカウント

管理者アカウント設定

WordPressの管理画面にログインするための管理者の設定を行います。
管理者アカウントの項目では、下記を設定します。

  • Admin Username
    WordPressの管理者ユーザー名を入力します。
    セキュリティの為、デフォルトの「admin」は使用しないでください。
  • Admin Password
    WordPressの管理者パスワードを入力します。
    セキュリティの為、英文字、数字、記号などを含む複雑なパスワードを設定してください。
  • 管理者Eメール
    WordPressの管理者のメールアドレスを入力します。
    WordPressに関する通知がこのメールアドレスに送信されます。

使用言語の選択

WorsPressで使用する言語を選択します。
デフォルトは「Japanase」です。日本向けサイトの場合このままで構いません。
もし、海外向けのWebサイトを作成する場合、その国に合わせた原語を選択しましょう。

言語の選択

使用言語の選択

Select Plugin(s)

プラグイン(拡張機能)の設定です。
設定は変更せず、デフォルトのままでかまいません。

Select Plugin(s)

Select Plugin(s)

アドバンスオプション

データベース名前やテーブルの頭につく名前の指定ができます。
ここも設定は変更せず、デフォルトのままでかまいません。

アドバンスオプション

アドバンスオプション

テーマの選択

テーマとはWordPressの外観でのデザインのテンプレートです。
WordPressは非常に有料、無料で非常に豊富な種類のテーマがあります。
テーマは後からでも設定できますので、インストール時はそのままでかまいません。

テーマの選択

テーマの選択

一番下のインストールボタンをクリックするとインストールが開始されます。
インストール処理完了まで待ちます。

「ソフトウェアは正常にインストールされました。」と表示されたらWordPressにインストールが完了です。

「ソフトウェアは正常にインストールされました。」

インストール完了画面

これで、MixhostにWordPressがインストールできました。

最後に

いかがだったでしょうか?
レンタルサーバーMixhostでワードプレスを自動インストールする方法の説明は以上です。
MySQLなどデータベースを直接は触れなくても、簡単にインストールすることができます。

慣れてしまえば数分程度でWordPressインストールできます。

WordPressのインストールができたら、セキュリティのためのSSL化とインストール後に必ずやっておきたい設定があるので設定します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です