初心者でもできる!レンタルサーバーMixhostでWordPressをインストールする方法

レンタルサーバーMixhostにWordPressをインストールする方法を初心者でもわかるよう詳しく解説します。
Mixhostでは管理画面上から簡単な操作でWordPressインストールができます。

どの項目もインストール後に変更することができるので、サイト名や適用するテーマが決まっていない場合、
とりあえずなんでもいいので埋めて手続きを進めましょう。

スポンサーリンク

前提条件

WordPressをインストールするためには、事前にサーバーの申し込み、ドメイン取得、ドメイン設定まで完了済であることを前提とします。

Mixhostの管理画面cPanelにログイン

cPanelへのログイン情報の確認

Mixhostに登録したときに、Mixhostから届いているメールにログインのための、URL、ユーザー名、パスワードが記載されています。
管理画面「cPanel」へのログインURLが書かれているので、これをクリックします。

ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

すると、cPanelにログインできました。

Mixhostでは管理画面にcPanelを採用しています。
cPanelとはサーバーの上のGUIで操作できるコントロールパネルです。
cPanelの中ではファイルのアップロードや、ドメインの設定MySQLデータベースの設定など、様々な設定が行えます。

管理画面cPanelからWordPressのインストール

cPanelの下にスクロールし、「スクリプト」中の「WordPress」をクリックします。

WordPressの案内画面が表示されたら、「Install Now」をクリックします。

WordPressのセットアップ画面に切り替わります。
WordPressインストールのための各種項目を設定していきます。

ソフトウェアセットアップ

ソフトウェアセットアップの項目では、下記を設定します。

  • プロトコルの選択
    プロトコルを選択します。
    http://からはじまるURLを指定します。
    「https://」(SSLサイト)は後から設定できます。
  • ドメインの選択
    WordPressをインストールするドメインを選択します。
    ドメインがリストに無い場合は、先に「レンタルサーバーMixhostで独自ドメインを設定する方法」を行って下さい。
  • ディレクトリ
    WordPressをインストールするディレクトリを指定します。
    通常はドメイン直下に設置するため、空欄にします。
    空欄で設定した場合は、URLは「http://example.com/」でアクセスします。
    例えば、「wpで設定した場合、URLは「http://example.com/wp/」でアクセスします。
    ただし、後者にした場合でも、「http://example.com/」でアクセスできるよう設定することも可能です。

サイト設定

サイト設定の項目では、下記を設定します。
インストールした後でも変更することができるので、サイト名、サイト説明が決まっていない場合、デフォルのままですすめましょう。

スポンサーリンク

  • サイト名
    WordPressのサイト名を設定します。
  • サイト説明
    WordPressのキャッチフレーズを設定します。
  • マルチサイトを有効にする(WPMU)
    マルチサイト機能を利用する場合はチェックを入れます。

管理者アカウント

WordPressの管理画面にログインするための管理者の設定を行います。
管理者アカウントの項目では、下記を設定します。

  • Admin Username
    WordPressの管理者ユーザー名を入力します。
    セキュリティの為、デフォルトの「admin」は使用しないでください。
  • Admin Password
    WordPressの管理者パスワードを入力します。
    セキュリティの為、英文字、数字、記号などを含む複雑なパスワードを設定してください。
  • 管理者Eメール
    WordPressの管理者のメールアドレスを入力します。
    WordPressに関する通知がこのメールアドレスに送信されます。

言語の選択

WorsPressで使用する言語を選択します。
デフォルトは「Japanase」です。日本向けサイトの場合このままで構いません。
もし、海外向けのWebサイトを作成する場合、その国に合わせた原語を選択しましょう。

Select Plugin(s)

プラグイン(拡張機能)の設定です。
設定は変更せず、デフォルトのままでかまいません。

アドバンスオプション

データベース名前やテーブルの頭につく名前の指定ができます。
ここも設定は変更せず、デフォルトのままでかまいません。

テーマの選択

テーマとはWordPressの外観でのデザインのテンプレートです。
WordPressは非常に有料、無料で非常に豊富な種類のテーマがあります。
テーマは後からでも設定できますので、インストール時はそのままでかまいません。

一番下のインストールボタンをクリックするとインストールが開始されます。
インストール処理完了まで待ちます。

「ソフトウェアは正常にインストールされました。」と表示されたらWordPressにインストールが完了です。

これで、MixhostにWordPressがインストールできました。

最後に

いかがだったでしょうか?
レンタルサーバーMixhostでワードプレスを自動インストールする方法の説明は以上です。
MySQLなどデータベースを直接は触れなくても、簡単にインストールすることができます。

慣れてしまえば数分程度でWordPressインストールできます。

WordPressのインストールができたら、セキュリティのためのSSL化とインストール後に必ずやっておきたい設定があるので設定します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です